マドリードで楽しむタパス

  • Tapas
    tapas_azca_1404288386.26.jpg
  • タパスとは?
  • 象徴的なタパスバル
  • 中心部:ソル(Sol)、グラン・ビア(Gran Vía)、アウストゥリアス(Austrias)など
  • チュエカ(Chueca)、マラサーニャ(Malasaña)、コンデ=ドゥケ(Conde-Duque)
  • ラ・ラティナ(La Latina)、ラス・レトラス(Las Letras)、ラバピエス(Lavapiés)
  • レティロ(Retiro)、サラマンカ(Salamanca)、チャンベリ(Chamberí)
  • その他の地区

マドリードおよびスペインの他の地方では、飲み物と一緒に無料で出される少量の軽食を「タパ」と呼びます。

一説によると、この習慣の起源は、13世紀に「賢王」アルフォンソ10世が居酒屋や料理店に対し、客が酔っ払わないよう、アルコール飲料に必ず少量の固形食を一緒に出すよう命じたことにあるとされています。道のほこりや落ちてきた虫が入らないよう、一切れのパンでワインの壺にふたをする(スペイン語でタパール:tapar)店があったことから、「タパ:tapa」という名前になったとする説もあります。

選択肢はバラエティに富んでいます。多くのバルでは通常、少量のオリーブの実、ポテトチップス、ナッツや、パン一切れにハム・ソーセージ類を添えたものが出されますが、サイズ、質、洗練度をアップし、タパスを興味深いガストロノミー体験に変えた店もあります。

飲み物に添えられるタパスの他、多くのバルでは一人前(ラシオン:ración)や半人前(メディア・ラシオン:media ración)で注文することも可能です(料金がかかります)。量がより多く、分けて食べるのに最適です。マドリードの定番タパスには、スパイシーなソースをかけたフライドポテト(パタタス・ブラバス:Patatas bravas)、ジャガイモ入りオムレツ(トルティージャ・デ・パタタス:Tortilla de patatas)、コロッケ、熟成チーズ、イベリコ豚の腸詰めがあります。

飲み物は?タパスを食べに行く際によく飲まれるのは、

  • カーニャ(Caña):生ビール20 cl入りの細長いコップ。多くのバルで、サーバーのコックから巧みにビールが注がれます。
  • ワイン:マドリードでは地元産またはスペイン全国の多種多様なワインが、グラスや「チャト(Chato)」と呼ばれる背の低い幅広のコップで提供されています。
  • ベルモット:ある種のハーブとスパイスを組み合わせたものを浸した白ワインで、語源はニガヨモギ。正統派のバルではサーバーのコックから注がれます。

その他のインフォメーション

代表的な料理と菓子、タパス、地元産ワイン。マドリード料理とお勧めの店をご紹介。

マドリードのLa Tasquería、Yugo The Bunker、Clos Madrid、El Corral de la Morería Gastronómico、El Invernaderoで新たなミシュラン星体験。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。

  • 世界トップクラスのスペイン産ワインと、知名度が高まっている成長著しいマドリード産ワイン。

    マドリードでワイン観光
  • Enoturismo en Madrid