エル・エスコリアル修道院(El Monasterio de El Escorial)

  • Monasterio de El Escorial
    monasteriodeescorial_1400572549.579.jpg
  • 由来
  • 建築
  • サン・ロレンソの町
  • その他の観光名所
  • アクセス方法

マドリード市からわずか50キロ、グアダラマ山脈(Sierra de Guadarramaの中心、アバントス山(Monte Abantos)の斜面に位置するサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル(San Lorenzo de El Escorial)は、この一帯で最も興味深い文化と観光の町です。その中心となっているのが、1984年にユネスコの世界遺産に登録された サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル修道院王室御用邸Monasterio y Real Sitio de San Lorenzo de El Escorialです。

父カルロス5世(Carlos V)の死への追悼と、スペインにおけるハプスブルク(アウストリア)家の座を揺るぎないものにしようとの意図から、フェリペ2世(Felipe II)が修道院の建設を命じました。修道院建設によって国王は、王家一族を永遠に偲ぶ霊廟を設置し、フランスとのサン・カンタンの戦いで、聖ロレンソに捧げられた教会が破壊されたことへの償いを試みたのです。

1563年4月23日、フアン・バウティスタ・デ・トレド(Juan Bautista de Toledo)の監督の下、修道院の建設が始まります。デ・トレドが1567年に亡くなった後に工事を引き継いだフアン・デ・エレラ(Juan de Herreraは、「エレラ」様式の名で知られる独特の手法で修道院を造り上げます。この様式は、建物を見る人の目を惑わせるような過度の装飾を一切排除し、線が主役を演ずるものです。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告