アビラ(Ávila)

  • Ávila
    avila_ciudad_1400573211.71.jpg
  • 見所
  • 歴史
  • 伝統とガストロノミー
  • アクセス方法

マドリードから車で1時間の距離にあるアビラには、世界でただ一つの歴史遺産が保存されています。1985年に世界遺産に登録されたアビラは、全長2.5キロ以上に及ぶ城壁に囲まれた中世のカスティーリャの街で、ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が共存していました。

城壁(La muralla

周囲の長さ2.5キロのロマネスク様式の城壁には、特徴的な要素として88の塔と9つの門があり、中でもサン・ビセンテ門(Puerta de San Vicenteアルカサル門(Puerta de Alcázarは際立つ存在です。

アビラ大聖堂(Catedral de Ávila

アビラ大聖堂の位置から、砦として機能した城壁との結び付きが理解できます。当初はロマネスク様式で建造されていたものの、最終的にはゴシック様式の大聖堂が完成しました。こうしてアビラは、カスティーリャで最初にゴシック様式を用いた街の一つとなったのです。

 

その他の観光名所

サン・ビセンテ教会(Basílica de San Vicenteロマネスク様式建築の傑作。

サン・ペドロ教会(Basílica de San Pedro赤みがかった色調と、シトー修道会の美学的思想による印象的なバラ窓が目を引きます。

サント・トメ・エル・ビエホのロマネスク教会(Iglesia de Santo Tomé el Viejoアビラ博物館(Museo de Ávila)内にあるこの教会では、考古学的資料が展示されています。

サン・アンドレス教会(Iglesia de San Andrésアビラのロマネスク様式教会の中で最も独特な建物の1つ。

サン・マルティン教会(Iglesia de San Martínこの教会の塔は、アビラで最も独特なものと言えるでしょう。切り石とれんがを土台に建設されており、ムデハル様式の特徴が見られます。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・カベサ教会(Iglesia de Nuestra Señora de la Cabeza花崗岩でできた聖所、れんがの身廊、後陣の礼拝堂のアーチが独特です。

ゴメス・ダビラ邸(Casa de Gómez Dávilaまたはバルデラバノス邸(Palacio de Valderrábanos現在はホテルに改造されていますが、象徴的な装飾が施された15世紀のゴシック様式のファサードと、1877年に復元された塔が保存されています。

サント・トマス王立修道院(Real Monasterio de Santo Tomásドミニコ会の修道院。歴史地区からは離れていますが、街の象徴的なモニュメントの一つで、東洋美術博物館(Museo de Arte Oriental)が併設されています。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告