アルカラ・デ・エナレス

  • alcalaHenares_1400576192.417.jpg
  • 見所
  • 歴史
  • 伝統とガストロノミー
  • アクセス方法

マドリードから30キロの距離に、スペイン語の歴史において最も重要な都市の一つであるアルカラ・デ・エナレス(Alcalá de Henaresがあります。1499年、この地にコンプルテンセ大学(Universidad Complutenseが創設されました。開学以来スペイン語を文化的言語として提唱し続け、現在アルカラ・デ・エナレスは、カスティージャ語ゆかりの地を結ぶ「カスティージャ語の道」に含まれています。1998年、街に存在する歴史的建築により、ユネスコの世界遺産に登録されました。
 

サン・イルデフォンソ学生寮(Colegio Mayor San Ildefonso

ムデハル様式のこの建物は、1537年、サラマンカとセゴビアの大聖堂を手がけた建築家ロドリゴ・ヒル・デ・オンタニョン(Rodrigo Gil de Hontañón)により建設が始まり、1553年にペドロ・デ・ラ・コテラ(Pedro de la Cotera)監督のもとに完成しました。プラテレスコ様式のファサードは優雅な装飾と鉄格子で飾られ、内部には「サント・トマス・デ・ビジャヌエバ(Santo Tomás de Villanueva)」と「トリリンガル(Trilingüe)」の2つの中庭が残されています。建物内部には、アルカラ・デ・エナレス大学の講堂サン・イルデフォンソ礼拝堂があります。学位の授与や主な大学行事が行われていた講堂では、毎年4月23日に、スペイン語圏最高の文学賞であるセルバンテス賞の授与式が開催されます。礼拝堂には、ペドロ・デ・グミエル(Pedro de Gumiel)、アントニオ・デ・ネブリハ(Antonio de Nebrija)、そして大学創設者であるシスネロス(Cisneros)枢機卿など、著名な大学関係者が埋葬されています。枢機卿の遺体が安置されているのは、ドメニコ・ファンチェリ(Doménico Fancelli)のデザインをカッラーラ産の大理石に彫刻したルネサンス様式の墓で、軍事、知性、宗教の世界を指す図柄が見られます。ゴシック、ムデハル、ルネサンス各様式のモチーフを彫り込んだ石膏細工と、幾何学模様が施された多彩色の格天井によって、非常に美しい空間が生まれています。


マヒストラル大聖堂Catedral Magistral

アルカラ市の守護聖人である聖フストと聖パストル(祝祭日は8月6日)が埋葬された場所に建てられたとされる大聖堂で、聖人の遺物が地下聖堂に納められています。「マヒストラル(Magistral)」の称号を持つ大聖堂は、聖堂参事会員の全員が大学の教師でなければなりませんが、ここを含め世界に2つしかありません。
 

セルバンテスの生家Casa Museo de Cervantes

1547年10月に「ドン・キホーテ(El ingenioso hidalgo Don Quijote de la Mancha)」の作者ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ(Miguel de Cervantes Saavedra)が生まれたこの家は、1956年に行われた修復で当時の面影を取り戻しました。16世紀のままの姿を残した各部屋には、当時の絵画や彫刻、調度品が飾られています。


地方考古学博物館(Museo Arqueológico Regional

17世紀から18世紀にかけて建てられたドミニコ会のマドレ・デ・ディオス修道院(Convento de la Madre de Dios)内にあり、マドリード自治州で発掘された考古学的資料を所蔵しています。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告