トレド(Toledo)

  • alcazartoledo_1400573942.23.jpg
  • 見所
  • 歴史
  • 伝統とガストロノミー
  • アクセス方法

1986年、トレドはユネスコの世界遺産に登録されました。ユダヤ教徒、イスラム教徒、キリスト教徒が足跡を残した街として評価されたものです。

様々な民族がトレドを通り過ぎ、次々とそれぞれの痕跡を残していきました。例えば、古代ローマ時代から存在する城壁は、アラブ人によって再建され現在の配置となりました。城壁には無数の門がありますが、帝国都市の盾形紋章が上部にあるビサグラ門(Puerta de la Bisagra)が代表的なもので、歴史的な街への入口となっています。

 

クリスト・デ・ラ・ルス・イスラム寺院(Mezquita del Cristo de la Luz)(10世紀)

トレドに存在したこの様式の10のイスラム寺院のうち、唯一現存する寺院で、ビサグラ門を通ってすぐの場所にあります。馬蹄形アーチが並ぶ空間は、コルドバのメスキータを基礎にしたもので、その姿を連想させます。


トランシト・ユダヤ教会堂(Sinagoga del Tránsito)(14世紀)

石膏細工で覆われた素晴らしい壁に続いて、美しい寄せ木造りの天井(平面骨組み)がある長方形の礼拝堂内部が現れます。セファルディ(イベリア半島から追放されたユダヤ人)博物館があります。


首座大司教座聖堂(Catedral Primada

ゴシック様式。レカレド(Recaredo)の治世に築かれた西ゴート族の教会の上に、1226年から1493年にかけて建造された大聖堂です。聖具保管室には、エル・グレコ(El Greco)、ルカ・ジョルダーノ(Luca Giordano)、ヴァン・ダイク(Van Dyck)、ゴヤ(Goya)の貴重な絵画コレクションがあります。新国王の礼拝堂(Capilla de los Nuevos Reyes)から、ルネサンス様式の内陣、モサラベ様式の礼拝堂、司教座聖堂参事会会議室を経てサンティアゴ礼拝堂(Capilla de Santiago)に至るまで、大聖堂内の各所がすべて芸術作品であると言えます。
 

エル・グレコの家・美術館(Casa Museo de El Greco

入口のプレートに記されている通り、エル・グレコはこの家には住んでいませんでしたが、「サン・ペドロの涙(Las lágrimas de San Pedro)」や「十二使徒(El Apostolado)」など、クレタ島出身のこの芸術家の重要な絵画が所蔵されています。


トレドのアルカサル(Alcázar de Toledo

街の一番高い場所に位置するこの建物は、ローマ時代は宮殿でしたが、キリスト教徒によって、平面が正方形の初の城塞となりました。カルロス1世(Carlos I)の治世に大改築が行われました。ファサードは、東のファサードが中世、西がルネサンス様式、北がプラテレスコ様式、南がチュリゲーラ様式と、それぞれ異なった様式と時代のものになっています。この城塞はフランス軍の侵略とスペイン内戦によって破壊されましたが後に再建され、現在は軍事博物館と軍付属機関があります。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告