アランフエス(Aranjuez)

  • Palacio de Aranjuez
    aranjuezalvarodeoro_1431007650.209.jpg
  • 見所
  • 歴史
  • 伝統とガストロノミー
  • アクセス方法

ハラマ川(Río Jarama)とタホ川(Río Tajo)が合流する一帯の、すがすがしく肥沃な土地。その地に立つアランフエス宮殿(Palacio de Aranjuezを、歴代のスペイン国王は何世紀にもわたって、春の宮殿として利用してきました。アランフエスは、広大な素晴らしい庭園により、2001年12月に文化的景観としてユネスコの世界遺産に登録されました。


アランフエス宮殿(Palacio Real de Aranjuez

フェリペ2世(Felipe II)は父王カルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)の計画を引き継ぎ1561年、アランフエスの古い騎士団宿舎を、今日の宮殿の前身となる新しい建物に建て替えるよう命じました。1715年、フェリペ5世(Felipe V)が工事を継続し、現在の宮殿の主要部分の骨組みが出来上がりました。1660年と1665年に大火災に見舞われ、フェルナンド6世(Fernando VI)が再建に取り組みます。カルロス3世(Carlos III)の時代に、当時のフランス風の趣味を反映して、中央本体部分の西側に二つのウイングが増築されました。装飾にはロココ風、エリザベス朝風、中国風、アラブ風が混在しています。


旧市街

アランフエスの旧市街は、他に類を見ないバロック様式の市街地として「歴史、芸術的区域」に指定されています。1747年にジャコモ・ボナヴィア(Giacomo Bonaviaが設計し、街として誕生して以来、由緒ある建物が立つ高貴な空間として位置づけられてきました。中庭のある立派な家、丸屋根、小宮殿、修道院、バルコニー、広場、広々とした街路…。これらは4世紀にわたる歴史の証人です。


庭園

宮殿の建設と同様、周囲の庭園も2世紀にわたって繊細に注意深く設計、造園、装飾が行われました。ベルサイユ宮殿をモデルとして、庭園が宮殿のサロンの一つとなるよう、自然的な要素を重視しました。島の庭(Jardín de la Islaには、生い茂った木立、大きな通り、石と大理石でギリシャ神話の人物や場面を表現した噴水がたくさんあります。反対側には花壇(Jardín del Parterreがあり、様々な種類の花が咲き乱れています。最も大きい庭園である王子の庭(Jardín del Príncipeには、広い散歩道に各種の樹木が植えられています。

奥まで進むと、ブルボン朝建築の最高傑作の一つ、農夫の家(Casa del Labradorがあります。船着き場のすぐそばには小船博物館(Museo de las Falúasがあり、カルロス4世(Carlos IV)、フェルナンド7世(Fernando VII)、アルフォンソ12世(Alfonso XII)所有の、タホ川を遊覧した豪華な船を見ることができます。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告