コルドバ(Córdoba)

  • Mezquita de Córdoba
    cordobamezquita.jpg
  • 見所
  • 歴史
  • 伝統とガストロノミー
  • アクセス方法

コルドバには、イベリア半島を通過した様々な文明が残した珠玉の建築物が数多く存在します。重要な美術遺産からごく一部をご紹介しましょう。


コルドバのメスキータ・大聖堂(Mezquita Catedral de Córcoba

西洋におけるイスラムの時代を、最も優れた形で表している建造物です。かつてのサン・ビセンテ(San Vicente)教会の敷地に785年から建設が開始され、アル・アンダルスの各時代、そしてレコンキスタ(国土回復運動)以降はキリスト教徒によって、増築が繰り返されました。柱とアーチが林立するメスキータでひときわ目を引くのが、メッカの方向を示す壁面のくぼみ「ミフラーブ(Mihrab)」。コーランが金文字で書かれ、素晴らしいモザイク模様が施されています。その他、格天井、様々な色調の柱、飾りの付いた台座といった要素も際立っています。


コルドバのシナゴーグ(Sinagoga de Córdoba

このユダヤ教の礼拝堂は1315年に建設が始まりました。上部には女性用の回廊があります。祈祷室には複数の小葉状切れ込み模様のアーチで飾られたバルコニーがあり、東の部分に律法の保存場所があります。


メディナ・アサーラ(Medina Azahara

アブド・アッラフマン(Abd al-Rahman)が統治の場として建設を命令した、コルドバ・カリフ国の壮大さを忠実に表現した宮殿です。現在は建物の遺跡が残っているだけですが、かつての「富の間(Salón Rico)」、大きな柱廊、ジャアファル邸(Casa de Yafar)、メスキータなどが見学できます。場所はコルドバ市郊外です。


キリスト教徒の王たちのアルカサル(Alcázar de los Reyes Cristianos

軍事的性格を持つこの建物は、アルフォンソ11世(Alfonso XI)の命で1328年に建造され、後に8年間、カトリック両王の宮殿としても使用されました。「鳩(パロマ:Paloma)」、「敬意(オメナヘ:Homenaje)」、「獅子(レオネス:Leones)」、「異端審問所(インキシシオン:Inquisición)」の4つの塔に守られた、ほぼ正方形の構造である要塞には、ムデハル様式の中庭と庭園があります。「モザイクの間(Sala de los Mosaicos)」と呼ばれる中心的な広間では、素晴らしいモザイクと3世紀の石棺が見学できます。


ローマ橋(Puente Romano

半島の他地域との主要な連絡道として建設され、グアダルキビル(Guadalquivir)川をまたぎ、カンポ・デ・ラ・ベルダ(Campo de la Verdad)とカテドラル地区(Barrio de la Catedral)を結んでいます。プエンテ・ビエホ(古い橋:Puente Viejo)とも呼ばれるこの橋は全長331mで、16のアーチで構成されています。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告