クエンカ(Cuenca)

  • Cuencacasascolgadas_1400574581.414.jpg
  • 見所
  • 歴史
  • 伝統とガストロノミー
  • アクセス方法

歴史的要塞都市クエンカは、ウエカル(Huécar)川とフカル(Júcar)川の峡谷間にある高台に位置しています。中世のままの急勾配の通りと、都市・景観としての環境により、1996年にユネスコの世界遺産に登録されました。
 

マヨール広場(Plaza Mayor

クエンカにある建築群の中心地で、市内見学の出発点です。不等辺四角形の広場のそれぞれの角に、大聖堂、市庁舎、ペトラス修道院(Convento de las Petras)が立っています。


サンタ・マリア・デ・グラシア大聖堂(Catedral de Santa María de Gracia

かつてイスラム教寺院があった場所に建造された大聖堂。着工は12世紀末で、13世紀中頃に完成しました。カスティーリャで最初のゴシック様式(アングロ・ノルマン風)の大聖堂で、完成後も数世紀にわたって改築・修復され、他の建築様式の特徴も見られます。


宙吊りの家Casas Colgadas

街の最も象徴的な建造物で、クエンカの絵はがきには必ずこの建物の写真が使われていると言っても過言ではありません。ウエカル川の峡谷に切り立つ壁面上にある建物群で、断崖の上という立地から、クエンカ屈指の名所となっています。3棟の建物のうちの1棟には、スペイン抽象美術館(Museo de Arte Abstracto Español)があり、アントニ・タピエス(Antoni Tàpies)、エドゥアルド・チリーダ(Eduardo Chillida)、アントニオ・サウラ(Antonio Saura)、フェルナンド・ソベル( Fernando Zóbel)などの作品が鑑賞できます。


サン・パブロ橋(Puente de San Pablo

ウエカル川に架かる橋。当初は16世紀に建造された石橋でしたが倒壊し、20世紀初めに前の橋の土台を利用して、鉄と木材を使用した橋が架け直されました。宙吊りの家の写真撮影に最適な場所の一つです。


マンガナ塔Torre Mangana

アラブの要塞跡に位置しています。16世紀に建設され、20世紀に新ムデハル様式 に改修されました。以前は街の時計台として機能した、クエンカのシンボル的スポットの一つです。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告