ナイトライフ:アウストゥリアス

  • NocheAustriasPalacioRealPublico_1404721932.511.jpg
  • La Bola
    La_Bola2_alta.jpg
  • carboneras2_1414598201.753.png
  • msanmiguelteindas4_1393015020.648.jpg

伝統的なカフェテリア、レストラン、カクテルバー、歴史的なナイトクラブ、グルメスポットに姿を変えた市場、素晴らしい王立劇場 (Teatro Real)。これらはすべて、首都有数の建築的価値を有する地域であるハプスブルク家(ロス・アウストゥリアス)のマドリードに存在しています。

セゴビア(Segovia)とバイレン(Bailén)の各通り、サン・ビセンテ坂(Cuesta de San Vicente)、オペラ広場(Plaza de Ópera)、アレナル通り(Calle Arenal)、マヨール広場(Plaza Mayor)ラ・ビージャ広場(Plaza de la Villa)に囲まれたアウストゥリアス地区(Barrio de Austrias)は、古典的なマドリードと前衛的なマドリードの共存を示す好例の一つです。

この地区のナイトライフはその大半が、王立劇場(Teatro Real)で上演されるベルカントとオペラのリズムに合わせたものとなっています。劇場内にはレストランもあり、幕間用のエクスプレス・メニューという斬新な提案を行っています。その他、ハプスブルク家のマドリードには、ぜひ訪れたいスポットが数多く存在します。

改装されたCafé de Orienteでは、週末に多彩なライブ音楽プログラムが用意されている他、非常にユニークなマリアージュ・ディナーの提案も数多くなされています。

オリエンテ広場(Plaza de Oriente)のすぐ近くには、コシード(煮込み料理)が評判で、伝統的なカスティージャ料理を満喫するのに最高のレストランの一つであるLa Bolaと、同じく長い歴史を誇るタブラオ・フラメンコ・レストランCafé de Chinitasがあります。周辺では、ハプスブルク家のマドリードならではの魅力が感じられるTaberna del Alabarderoと、この地区の新たなミシュラン星付きレストランLa Candela Restóへ足を運ぶことができます。

20世紀初頭に建造されたサン・ミゲル市場(Mercado de San Miguel)は、2009年にモダンなガストロノミースペースに姿を変え、保存されている建設当時のガラス張りの鉄構造と、厳選された食材の多様な販売店、バル、毎日のように行われる試食会やイベントで、観光名所になっています。平日は深夜12時まで、木・金・土曜日は午前2時までオープンしています。

マヨール広場の支柱の周りには、カフェテリアやレストランのテラスが並んでおり、ここでは有名なボカディージョ・デ・カラマレス(フランスパンにはさんだイカのリングフライ)をぜひ味わいたいものです。広場には昼夜を問わず、多くのストリートアーティストが集まり、周囲に見物人の輪ができています。

アレナル通りのホール・シアターJoy Eslavaは、マドリードの夜の歴史に名を残している場所です。1981年オープンの、マドリードに初めて誕生した大規模ディスコの一つで、カウンターカルチャー運動「ラ・モビーダ(La Movida)」の主役たちが大勢姿を見せていました。年中無休でプログラムの内容は多岐にわたり、コンサートや一人芝居の他、22:00までのティーンエイジャー向けライト・セッション(アルコールなし)も行われています。

現在、丸天井の食堂が数多くある地下のマドリードでは、コンデ・デ・ミランダ広場(Plaza Conde de Miranda)のタブラオLas Carbonerasのように、フラメンコショーと夕食を楽しめる所もあります。また、すぐ近くには、世界最古のレストランの称号を有するBotínもあります。

Café Berlín (Costanilla de los Ángeles, 20)では、フラメンコに加え、朝方まで楽しめるジャズとDJセットのセッションが私たちを待っています。午前6時まで踊り明かすためのもう一つ選択肢には、30代以上に大人気のクラブEl Amante(C/ Santiago, 3)があります。王立劇場から至近距離に、市内の新しいブルースの殿堂の一つであるLa Coquetteがあり、毎週ライブが行われています。

ナイトスポットの新たな傾向は、ウニオン通り(Calle Unión)にあるビンテージ家具が置かれたAnticaféや、コロレロス通り(Calle Coloreros)にあるアラブの雰囲気漂うYambalaなど、意匠を凝らした装飾のあるパブやティールームが特徴となっています。

オリエンテ広場と王宮(Palacio Real)を背景に、ハプスブルク家のマドリードの夜は、劇場に響くオペラのアリアのように、実に様々な表情を見せています。

その他のインフォメーション

昼間はタパスファンに人気があり、活気あふれるナイトライフの舞台でもある、いつでも心地良い地区の一つ。

マドリードの金融エリアが、「アフターワーク」スポット、ディスコ、パブで新たな夜のレジャーエリアに。

1週間毎日休むことを知らないラス・レトラス地区。年齢、お気に入りの音楽のスタイル、好きなレジャーの習慣を問わず、満足できるプランがここで見つかります。

プリンセサはナイトライフの若々しい雰囲気で気分一新できる地区の一つ。

  • グラスを傾けてリラックス、踊り明かす夜、演劇鑑賞。どれもマドリードで可能です。気ままに自分のスタイルを選びましょう。

    マドリードの夜
広告
  • このガイドは、マドリードの食堂、カフェ、レストランやマーケットを気楽に楽しむことを目的としています。

    マドリードのグルメ(PDF)
  • JA-Guía Comer en Madrid (PDF)

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。