ナイトライフ:プリンセサ

  • NOCHEPrincesaTNTHeavyBar_1404477004.743.jpg
  • templodebod2_1403028720.91.jpg
  • Goiko Grill
    goiko_grill.jpg

大半の学生寮が集中しているため、マドリードで特に大学生が多いエリア。そのため、若者に合わせたバラエティ豊かな夜の提案、カジュアルに飲み物が楽しめる店、EDM、ロック、ヘビメタ、ポップス、ラテンミュージックなどあらゆるタイプの音楽がかかる、心地良い雰囲気が特徴のディスコやバルが簡単に見つかります。

ナイトライフを楽しむためにマドリードのこのエリアを訪れるには、次の地下鉄駅からアクセスが可能です。スペイン広場(Plaza de España)、ベントゥラ・ロドリゲス(Ventura Rodríguez)、アルグエジェス(Argüelles)、モンクロア(Moncloa)、メトロポリターノ(Metropolitano)、グスマン・エル・ブエノ(Guzmán el Bueno)。

暑い季節、夕焼けを見ながらくつろぎのひとときを過ごすには、Hotel Exe Moncloaの最上階にあるTerraza de Ponienteで、グアダラマ山脈の素晴らしい景観と魅力あふれるチルアウトな雰囲気が楽しめます。

日没を眺めるには、マドリード有数の特別な場所であるデボー神殿(Templo de Debod)もお勧めです。その後、夕食や飲み物を楽しむには、メキシコ料理のLa Malqueridaなどのレストランが周辺にあります。その他、ニューヨーク風のCasa Mono、おいしいハンバーガーのGoiko GrillGastrobar Rosales、地中海料理のPunto Básicoも、流行のレストランです。グルメの方は、ミシュラン2つ星のEl Club Allardで食事を満喫して、夜を始めるのもいいでしょう。けれどもこの地区で通常見かけられるのは、様々なバルやタベルナ(居酒屋レストラン)で、生ビール、タパス、一皿料理を楽しんで夜をスタートする友人グループの姿です。

ナイトライフを楽しむには、様々なスポットが揃っています。プリンセサでは、マドリードの大半のナイトエリアと同様に、閉店時刻が午前2時から4時のクラブがあれば、特に木曜日から土曜日までは早朝まで営業しているクラブもあります。

エレクトロな音楽がご希望の方は、クラブPirandello I-II-IIIに足を運んでみるのはいかがでしょう。大学生にとってえり抜きの待ち合わせ場所は、Sala Mitty。テーマ別のパーティや、ハウスからレゲトンまでレジデントDJのウィリー・アルコセル(Willy Alcocer)が手がける音楽が楽しめます。ポップスがかかるバル・クラブLaSalもとても人気があります。

ロック、パンク、ヘビメタがお好みなら、Bajos de Argüellesなど有名な店があります。夜を満喫するためのその他の選択肢は?有名なカクテル「レチェ・デ・パンテラ(Leche de pantera)」をぜひ飲んでみたいEl Chapandaz、ライブミュージックとDJのCopérnico、新しくなったホールMon Madrid、アーバンな雰囲気のクラブGotham、ニューヨーク風インテリアのPanorama Five Club。少し離れたプリンシペ・ピオ(Príncipe Pío)エリアには、若者に大人気のディスコColonial Norteもあります。

 

その他のインフォメーション

1週間毎日休むことを知らないラス・レトラス地区。年齢、お気に入りの音楽のスタイル、好きなレジャーの習慣を問わず、満足できるプランがここで見つかります。

楽しみとリスペクトに常に開かれたLGBTIの代名詞的なエリアで、ナイトクラブとともに健在な老舗。

マラサーニャ(Malasaña)は80年代のモビーダ・マドリレーニャ(Movida madrileña)の名残をとどめ、流行のリズムにも敏感。

ハプスブルク家のマドリードで、クラシックファンにとって忘れられない夜を。

  • グラスを傾けてリラックス、踊り明かす夜、演劇鑑賞。どれもマドリードで可能です。気ままに自分のスタイルを選びましょう。

    マドリードの夜
広告
  • このガイドは、マドリードの食堂、カフェ、レストランやマーケットを気楽に楽しむことを目的としています。

    マドリードのグルメ(PDF)
  • JA-Guía Comer en Madrid (PDF)

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。