ナイトライフ:ラ・ラティーナ

  • El Corral de la Morería
    corraldelamoreria_g.jpg
  • Marula
    Marula.jpg

一日中活気にあふれているラ・ラティーナ(La Latina)。晴れた日の朝と午後には、テラスやタパスバルが特に賑わいを見せますが、それは多くの人々にとって、数多くある飲み屋、ディスコ、フラメンコのタブラオへと続く楽しいナイトライフのほんの序の口でしかありません。

象徴的な店の一つに、カリスマ的な老舗Berlín Cabaretがあります。月曜から木曜までは刺激的なショーのファンタジーが満喫でき、特に楽しい時間が過ごせます。

また、Contraclubのライブ演奏も興味深いものです。チャリティーコンサート、ジャズ、ヒップホップ、フラメンコなど、様々なスタイルの公演が行われています。より商業的でポピュラーなスタイルをお探しの方には、イベント会場としても人気の高い、2フロアの広々としたディスコShoko Madridがあります。

より小規模なショーをお好みの方には、軽食も楽しめるこぢんまりとしたカフェEl Rincón del Arte Nuevoが、コメディアンやシンガーソングライターの公演を提供しています。

この地区のもう一つの魅力はフラメンコであり、タブラオが何軒も揃っています。マドリード、そして世界最高のタブラオの一つがEl Corral de la Moreríaです。1956年のオープン以来、一流ダンサーがこの店の舞台で踊り、ハリウッドスター、首相、大統領、国王も観客としてこの店を訪れています。その他の選択肢としては、フラメンコショーが楽しめるレストランSala Clanが挙げられます。そして、ブレリーアスを何曲か鑑賞した後で運試しがしたくなったら、ディスコOléが格好の場所かもしれません。スペインの旬のポップスと一緒にかかるセビジャーナスやフラメンコのその他の曲の音に合わせて、自分の「ドゥエンデ(魅惑)」を試してみることができます。

よりインターナショナルな音楽がご希望なら、Marulaがブラックミュージックを中心に国際的な良い音楽を提供しています。その他、天気の良い暑い夜の贅沢と言える屋外テラスもあります。

マドリードは何十年も前から、世界で最も多様性に開かれた都市の一つになっています。ラ・ラティーナではどの店もLGBTIフレンドリーである可能性が高く、この地区の通りは「リトル・チュエカ」の別名で知られています。Sixta El Perlaなどの店は、様々なセクシュアリティを尊重する伝統で際立っています。後者は生ビールとタパスを出す小さなバルですが、夜になると音楽やアルコールが楽しめます。

 

その他のインフォメーション

1週間毎日休むことを知らないラス・レトラス地区。年齢、お気に入りの音楽のスタイル、好きなレジャーの習慣を問わず、満足できるプランがここで見つかります。

マラサーニャ(Malasaña)は80年代のモビーダ・マドリレーニャ(Movida madrileña)の名残をとどめ、流行のリズムにも敏感。

プリンセサはナイトライフの若々しい雰囲気で気分一新できる地区の一つ。

楽しみとリスペクトに常に開かれたLGBTIの代名詞的なエリアで、ナイトクラブとともに健在な老舗。

  • グラスを傾けてリラックス、踊り明かす夜、演劇鑑賞。どれもマドリードで可能です。気ままに自分のスタイルを選びましょう。

    マドリードの夜
広告
  • このガイドは、マドリードの食堂、カフェ、レストランやマーケットを気楽に楽しむことを目的としています。

    マドリードのグルメ(PDF)
  • JA-Guía Comer en Madrid (PDF)

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。