フラメンコを堪能するマドリード

  • gvxxq4yye6w
  • FlamencoClase_1395315768008_1403857517.898.jpg
  • Zapateado flamenco
    flamencozapateado_1395315650.291.jpg
  • Casa Patas
    flamencocasapatas_1395315702.334.jpg

カンテ・ホンドに歌われる胸の引き裂かれる思いと痛み。セビジャーナスとルンバに表現される喜びと幸せ。フラメンコとはこうしたすべて、そしてそれ以上のもの。常に必要なのは情熱と激しさ。情熱と激しさがあれば、その表現性は誰にでも伝わります。どこから来たのかは関係なく、言葉がわかろうとわかるまいと。この芸術を通して、感情がほとばしるのです。バイラオーラ(踊り手)のサパテアード(足の踏み鳴らし)や、カンタオール(歌手)のケヒオ(嘆きの声)には、誰もが心を揺さぶられます。

マドリードフラメンコの都です。このように断言できるのは、フラメンコの世界で成功を収めたいと望むなら、来るべき場所はマドリードだからです。市内の劇場での大規模なショー、タブラオやホールで行われるカンテやバイレの小規模なリサイタル。マドリードではいつでもフラメンコが鑑賞できます。マドリードはフラメンコを世界中に届けるレコード業界の活動拠点であり、様々な国を巡って観客に感激をもたらすアーティストたちの出発点でもあります。

19世紀、歌や踊りを見せる居酒屋「カフェ・カンタンテ(歌のカフェ)」の増加とともに、マドリードのフラメンコ芸術は最盛期を迎えました。現在でもこの習慣は続いており、素晴らしい食事やドリンクと共に、毎晩純粋なフラメンコが楽しめるタブラオやバルがあります。

フラメンコイベント

5大陸の一流の舞台での成功後、スペインで公演(新アポロ劇場、7月2日まで)。

フラメンコとスペイン舞踊に関するアクティビティー盛りだくさんの1カ月(フェルナン・ゴメス文化センター、5月17日~6月11日)。

ホアキン・コルテスの人生における旅と感情をベースにしたショー(リアルト劇場、木曜~日曜、6月8日~25日)。

有名なカンテ・デ・ラス・ミナス・フェスティバルの受賞者が出演する最高のフラメンコ(王立劇場、7月2日)。

フラメンコ・タブラオ

カンテ、ギター、バイレの巨匠が舞台を踏み、フラメンコの聖地とされる有名タブラオ。

創作料理と最高のフラメンコが楽しめるマドリードの有名タブラオ。

伝統料理と生のフラメンコを楽しめる、マドリードの名高いタブラオレストラン。

随一のフラメンコとスペイン全土の郷土料理。

フラメンコのあらゆるパロ、究極のタパス、人形劇、語り聞かせ、ニューコンセプトの演劇まで。

夜明けまで踊り明かせる、伝説の大衆的フラメンコバル。

1年のうち364日にわたり、フラメンコショーとスペイン料理のディナーを楽しめる老舗フラメンコタブラオ。

カンテ、バイレ、究極のガストロノミーが一堂に会するマドリードのラブラオ

世界最古のフラメンコ・タブラオのひとつ

フラメンコファンが集うマドリード・リオ地区のタブラオ

広告

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

シベレス宮殿の展望台から街の素晴らしいパノラマを満喫。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。

  • Sara Baras
広告