ナイトライフ:ラバピエス

  • Medias Puri – The Secret
    medias1.jpg
  • Candela
    candela.jpg
  • Medias Puri – The Secret
    medias_puri_-_the_secret.jpg
  • NocheLavapies_1401440704.828.jpg
  • La Cocina de San Antón
    mercadodesanantonterraza.jpg

マドリードの夜が完全に多文化的である空間が存在するとすれば、それは間違いなくラバピエス。首都の同地区の多民族的な特徴が、ナイトライフを包むアフリカ、アラブ、ラテン、フラメンコのリズムに反映されています。世界中の味とサウンドを提供するバル、レストラン、パブや、幅広いナイトカルチャー、人気が高まる一方のこのエリアの雰囲気に、いつでも再び足を運びたくなります。

エンバハドーレス(Embajadoresエンペラドール・カルロスVEmperador Carlos Vの両ロータリー、アントン・マルティン(Antón Martínティルソ・デ・モリナ(Tirso de Molinaカスコーロ(Cascorroの各広場の間に位置するラバピエス(Lavapiés)。地下鉄のエンバハドーレス、アトーチャ(Atocha)、アントン・マルティン、ティルソ・デ・モリナの各駅に同エリアへの出口があります。

ラバピエスの商店の電気が消えていくに従い、文化スペースに明かりが灯っていきます。バジェ=インクラン劇場(Teatro Valle-Inclánラ・カサ・エンセンディーダ(La Casa Encendidaのコンサート(夏季にはDJのリズムに合わせてテラスで開催)、自主管理社会センター「ラ・タバカレラ」(La Tabacaleraシルコ・プリセ(Circo Price国立フィルム・ライブラリー(Filmoteca Española、映画の多目的ホールアーティスティック・メトロポル(Artistic Metropolにより、ラバピエスには芸術と実験的な雰囲気が満ちあふれています。

様々な国籍の人々が共存しているため、世界中の味が楽しめます。その例が、イタリア料理のNAP、ギリシャ料理Egeo東洋料理Buns & Bonesイギリス風料理Los Chuchisセネガル料理Baobabレバノン料理Habibi、そしてもちろんインド料理AnarkoliMoharajTaj Mahalです。ラバピエス、アベ・マリア(Ave Maríaミゲル・セルベ(Miguel Servetの各通りでは、様々な国の風味が堪能できますが、アルグモサ通り(Calle Argumosaでは昔ながらのタベルナ(居酒屋レストラン)やモダンなガストロバル(創作パスタを出すバル)の活気に満ちたテラスが注目を集めています。最近では、驚くような空間で軽食がつまめる、リニューアルした映画館兼バルのSala Equisや、1980年代のマドリードへのオマージュであるレストランで、ラス・レトラス地区(Barrio de Las Letras)に隣接するLas chicas, los chichos y los maniquísなどがオープンしています。

この地区で味わえる料理のバラエティは、サン・フェルナンド(San Fernandoアントン・マルティン(Antón Martínガストロマーケットによってより幅広いものとなり、これらの市場では昔ながらのスタンドが、グルメの提案、コンサート、ダンスマラソンと組み合わさっています。

食欲が満たされたら、様々なレジャー施設を楽しんでみましょう。La Escalera de JacobEspacio Cultural La VictoriaTeatro del ArteEsconditeatroなど、多くの場合、昔のマドリードに特有の丸天井のある地下室を舞台に、モノローグ、演劇、バラエティショー、音楽の公演が行われています。

ナイトライフには、Club 33(伝説的なディスコでかつての名称はMedea)をはじめとする流行のクラブと、女性向けの他のクラブとの差別化を図っているこの地区のLGBT向けの幅広い提案の一部である、エレクトロ・インディー・サウンドが欠かせません。ラバピエスはRadical GaiやLSDといったLGTBQ集団の誕生の地であり、口語表現で「バル・デ・アンビエンテ」と呼ばれるレズビアン向けバルの大半が集中しています。

慣習を超越したMedias Puriとそのライブショーも忘れてはなりません。ラバピエスの夜にフラメンコの雰囲気をプラスしたいなら、Candelaへ足を運んでみてください。生演奏が聞けるバルをお探しの方にも、El JuglarLa Noche Boca Arriba、La huelga de Lavapiésなど、様々な選択肢があります。

オルタナティブシーンとサン・ロレンソ祭

8月第2週、ラバピエスの通りは、地区内にあるサン・ロレンソ教会の守護聖人の日(8月10日)を祝う伝統的なサン・ロレンソ祭(Verbena de San Lorenzoのために飾りつけられ、露店が並んで福引きやコンサートなどが行われます。町内会が始めた人気のアクティビティも同時に開催されます。旬のリズムが響く、融合に重点的に取り組むイベントです。

ラバピエスでは地区の多様性に従い、地区をカラフルに彩るMonsoon Holi hindúボリウッドの世界が楽しめるフェスティバルなど、オルタナティブ・フェスティバルも実施されています。

 

その他のインフォメーション

1週間毎日休むことを知らないラス・レトラス地区。年齢、お気に入りの音楽のスタイル、好きなレジャーの習慣を問わず、満足できるプランがここで見つかります。

楽しみとリスペクトに常に開かれたLGBTIの代名詞的なエリアで、ナイトクラブとともに健在な老舗。

マラサーニャ(Malasaña)は80年代のモビーダ・マドリレーニャ(Movida madrileña)の名残をとどめ、流行のリズムにも敏感。

眩しく輝き、優雅で贅沢な雰囲気を醸し出すサラマンカ地区(Barrio de Salamanca)の夜。

  • グラスを傾けてリラックス、踊り明かす夜、演劇鑑賞。どれもマドリードで可能です。気ままに自分のスタイルを選びましょう。

    マドリードの夜
広告
  • このガイドは、マドリードの食堂、カフェ、レストランやマーケットを気楽に楽しむことを目的としています。

    マドリードのグルメ(PDF)
  • JA-Guía Comer en Madrid (PDF)

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。

  • Música electrónica