ゴヤのマドリード

  • Estatua de Francisco de Goya / José San Bartolomé LLaneces © Museo Nacional del Prado
    estatua_goya_museodelprado.jpg

ゴヤの絵画の前、あるいはそこに見事に描かれた舞台の前など、どこでもお好みの場所から始められます。このガイドで自由自在のルート。すべてのおすすめスポットを廻るには、1日以上を要します。

 

アラゴン出身の芸術家ゴヤの遺体は、この礼拝堂に安置されています。リスボンの人々の眼前での聖人の恍惚を描いた絵画を楽しむこともできます。

ゴヤの主要作品「マドリード、1808年5月3」、「裸のマハ」と「着衣のマハ」、「カルロス4世の家族」、「黒い絵」が収蔵されています。

ゴヤの視点から見た国王カルロス4世とマリア・ルイサ・デ・パルマ王妃の衣装が保管されています。

ゴヤが観客を見据える多くの作品のうちのひとつ、「La Predicación de San Bernardino de Siena(アラゴン王アルフォンソ5世の前で説教するシエナのサン・ベルナルディーノ)」。ここに描かれているとされるゴヤの自画像を探してみましょう。

この博物館では、2つの自画像、「Corrida de Toros(村の闘牛)」、「Entierro de la Sardina(イワシの埋葬)」の名で知られる有名なカーニバルの風景など、13点の絵画を収蔵しています。

この18世紀の宮殿の礼拝堂では、聖人を描いた4つの絵画のひとつである大聖グレゴリウスの絵画を見ることができます。

著名な収集家ホセ・ラサロ・ガルディアーノは、ゴヤの作品や「 Las brujas 」、「El aquelarre」、「 La era( el verano)」、「 La Magdalena penitente」など、様々なテーマの作品を収集しました。

ゴヤはこのネオ・ムデハル様式の建物で12年間働き、1775年には当工場のため、初めてのタペストリー制作用下絵(カルトン)を描きました。

 

18世紀のタペストリーの中には、 「La nevada」、「 Los zancos」、「La merienda a orillas del Manzanares(マンサナレス河畔へメリエンダ(ピクニック)など、ゴヤの最も有名な作品のうち5つが収蔵されています。

その代表的な宝物は、彫刻の世界的傑作であるゴヤによってエッチングされた銅板です。

 

オスナ公爵が憩った街の郊外の美しい村には、ゴヤを含む18世紀の啓蒙家が多く集いました。

その他の偉大な芸術家の作品とともに、彼はフェルナンド7世の肖像画のひとつや絵画「El tío paquete」が収蔵されています。

広告
  • ペレス‐レベルテの小説で知られるアラトリステ。彼の冒険が繰り広げられた17世紀のマドリードを生きる。

    アラトリステのマドリード
  • El Madrid de Alatriste - La rendición de Breda o  Las lanzas - Diego Velázquez
広告
広告
  • Un paseo por las galerías de arte de Madrid

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。