アラトリステのマドリード

  • El Madrid de Alatriste - La rendición de Breda o  Las lanzas - Diego Velázquez
    la-rendicion-de-breda.jpg

ロペ・デ・ベガ、セルバンテス、ケベドなどの作家や画家ベラスケスを生んだスペイン文学の黄金期17世紀のマドリッドに欠かせない舞台の数々。ヴィージャ広場からマヨール広場までのバロック様式のアートから、当時を喚起する居酒屋まで。これらの作家の住まいがあった文芸地区(Barrio de Las Letras)から、作家アルトゥーロ・ペレス‐レベルテに登場するアラトリステ大佐の戦いの場所、ラ・エンカルナシオン修道院までをめぐりませんか。

 

 

小説の第2巻で異端審問と異教の血が行われた場所。「Limpieza de sangre(異教の血)」の第4章に登場します。

当時の犯罪者の有名な避難場所

小説エル・カピタン・アラトリステ(El Capitán Alatriste)の第一話に登場する、当時のバロック様式の広場

Limpieza de sangre(異教の血)」のなかで、マドリードの住民6万人余のうち3分の2がマヨール広場へとかけつけ、雄牛に挑む騎士の勇気と技量を讃えました。

1982年にステーキハウスとして再オープンしたラ・ラティーナ地区の宿(ポサダ)における、伝統的なカスティージャ料理。

以前はタベルナ・デル・トゥルコ(トルコ人の居酒屋)、あるいはタベルナ・デ・カリダ・ラ・レブリハナと呼ばれたこの居酒屋には、ディエゴ・アラトリステが若きイニゴ・バルボアとともにレブリハナから借りていた部屋があります。

小説内でアラトリステは、歴史上の人物である有名詩人ロペ・デ・ベガの家で、その子供ロピート・デ・ベガと知り合います。その後ロピートに戦いを挑むこととなります。

プラド美術館には、アラトリステ大佐が馬の背後に描かれていると言われるディエゴ・ベラスケスの絵画「ブレダの開城(La rendición de Breda o Las lanzas」があります。

  • 衛兵交代の儀式(毎週水曜・土曜 10:00~12:00)と厳粛な衛兵交代の儀式(毎月第一水曜、1・8・9月を除く)をお見逃しなく。

    王宮の厳粛な衛兵交代式と交代行進
広告
  • Usuaria de Bicimad en el Paseo del Arte
広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

ロイヤルティプログラムの割引をご利用ください!