光の景観。プラド通りとブエン・レティーロ

  • Parque de El Retiro - Qué debes ver en Madrid... cuando pase el COVID
    parque_de_el_retiro.jpg

プラド通りとブエン・レティーロ。芸術と科学の景観。ユネスコの新たな世界遺産

顕著な普遍的価値を有する場所を集めたユネスコの世界遺産リストに、マドリード市も登録を果たしました。2019年にスペインが推薦したプラド通りとブエン・レティーロの候補地は、芸術と科学の景観カテゴリーで、非常に特権的なリストに名を連ねたばかりです。16世紀中頃から文化、科学、自然が共存している素晴らしい都市環境。「光の景観」はマドリード市初の世界遺産登録地で、州内では、エル・エスコリアル修道院、アルカラ・デ・エナレスの歴史地区、アランフエスの文化的景観、モンテホのブナ林に次いで5番目の登録地です。

プラド通りは、ヨーロッパの都市で最初の並木道です。15世紀以来、市民が娯楽の場所として使用し、道の整備、木々と噴水による美化をフェリペ2世が行いました。この地域で最も重要な市街地開発が行われたのは、啓蒙時代、具体的にはカルロス3世の治世下で、スペインとラテンアメリカの多くの都市のモデルになりました。

特別で類まれな特徴は、自然科学博物館(現在のプラド美術館)、王立植物園、通称科学の丘に位置する王立天文台の設立による、地区の都市景観への科学の統合にあります。王立植物園からは、植物学調査隊が海外の領土に向けて出発し、現在資料館に保存されている素晴らしい科学的財産を収集しました。この統合は、当時の特徴的な市民教育精神と密接に結びついています。

Paisaje de la Luz. El Paseo del Prado y el Buen Retiro, Paisaje de las Artes y las Ciencias es candidato a la inscripción en la lista de Patrimonio Mundial de la UNESCO. 芸術、政治、金融

725日に中国の福州市でユネスコの世界遺産に登録された「光の景観」には、シベレスからアトーチャの皇帝カルロス5世公園までのプラド通り、レティーロ公園、ロス・ヘロニモス地区が含まれています

この地域には、種々様々な施設が多数集中しており、現在のマドリード市庁舎であるシベレス宮殿、スペイン銀行、カサ・デ・アメリカ、陸軍司令部(ブエナビスタ宮殿)、ティッセン=ボルネミッサ美術館、下院、ホテルPalace、ホテルRitz、証券取引所、海軍司令部、海事博物館、プラド美術館、国立装飾美術館、スペイン王立言語アカデミー、ロス・ヘロニモス教会、王立植物園、王立天文台、国立人類学博物館、農業漁業食料環境省本部、保健社会サービス平等省、モヤノ坂、CaixaForum、国立ソフィア王妃美術館などがあります。 

こうした施設に、アルカラ門シベレス、アポロ、ネプトゥノの噴水、アルカチョファの噴水、戦没者慰霊塔(オベリスク)、レティーロ公園の池のアルフォンソ12世の記念碑など、非常に有名な数々のモニュメントも加えることができます。王立アカデミーゴヤ、ベラスケス、ピカソの作品、王立植物園の図版コレクションと資料ハーシェル望遠鏡など、21以上の文化財と数々の所蔵品やコレクションは世界的に貴重なものです。

 

候補地公式ページを閲覧

光のマニフェスト

「光の景観」パンフレット。プラド通りとブエン・レティーロ

 

その他のインフォメーション

マドリード観光に欠かせない街の緑地帯、レティーロ公園散策 

新たな , ユネスコの世界遺産。

 

ベラスケス、ゴヤ、エル・グレコ、ティツィアーノ、ルーベンスの作品を所蔵する世界屈指の主要な美術館が、特別展とともに再開。ヒエロニムス・ボスの展示室が一新!

都心で5,000種以上の植物に囲まれて散策を楽しむ。

東洋と西洋の装飾芸術史を振り返ることができる1912年創設の博物館。2021年10月31日まで入場無料。

ヨーロッパ絵画の7世紀にわたる歴史を堪能できるティッセン=ボルネミッサ美術館。

ソフィア王妃美術館。ピカソやダリの作品を展示する最大規模の現代美術館。

  • Usuaria de Bicimad en el Paseo del Arte
  • スペイン王族の宮廷画家であったゴヤとベラスケス が制作に従事した街としてだけではなく、マドリ ードにはヨーロッパ様式の大部分を代表する重要 な文化財が集まっています。

    マドリードの芸術(PDF)
  • JA-Guía Arte en Madrid
  • マドリード観光には1日では十分と言えませんが、限られた時間をできるだけ有効に使うためのキーポイントをご紹介しましょう。

    24時間で巡るマドリード
広告
  • アプリをダウンロードし、プラド美術館、ティッセン=ボルミネッサ美術館、ソフィア王妃芸術センターで必見の24の傑作をご覧く ださい

    パセオ・デル・アルテのマストアプリ

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

最高の思い出の品をオンラインで購入!(スペイン語のページ)

これまでにない25のガイド付き見学(スペイン語のページ)