チュエカへ出かける

  • NOCHEChueca_1404291302.582.jpg

チュエカはマドリード有数のコスモポリタンな地区であるとともに、昼よりも夜にさらに賑わいを見せる場所です。昔ながらのバル、様々な音楽スタイルのパブ、前衛的なカクテルバー、その他、クロスドレッサーショーのあるキャバレーも数店舗と、あらゆる好みを満たします。

チュエカ地区(Barrio de Chuecaの東西の境界を成すのは、バルキージョ(Barquilloフエンカラル(Fuencarralの両通り。地下鉄チュエカ駅があるチュエカ広場とバスケス・デ・メジャ(Vázquez de Mella広場は、首都マドリードの同地区の疲れ知らずの「ナイトクラビング」を満喫しようとする人々にとって、定番の待ち合わせ場所となっています。

ディスコスタイルのダンスクラブに加え、夏季にはプールも利用できる人気のホテル・ルーム・メイト・オスカル(Hotel Room Mate Óscarのテラスや、 サン・アントン市場(Mercado de San Antón のテラス(いずれも通年営業)のように、もっとリラックスした雰囲気の様々なクラブも揃っています。

曜日を問わず明け方まで楽しめ、年齢を問わず楽しめるチュエカでは、若い雰囲気のナイトクラブと、より高い年齢層向けのクラブが交互に並んでいます。

この地区の飲食料金は、伝統的なバルの安上がりな「生ビールとタパス」から、「流行」最先端の装飾が施されたクラブでのドリンク料金まで、スタイルの組み合わせ次第で様々です。

虹色の旗の象徴であり、6月28日頃マドリードで最大規模の世界的な祭りであるオルグジョ・ゲイ(ゲイ・プライド:Orgullo Gayの舞台となる通りで、前衛と寛容が結び付いています。連日の屋外コンサート、演劇、映画、文学、展覧会、マドリード中心部の通りを巡る大パレード。祭りは文字通りチュエカの隅々にまで広がり、年々人々で溢れます。  

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。