何を買ってきてくれた?マドリードの土産品

  • Recuerdos de Madrid - Tortilla de patata en lata
    recuerdos_-_tortilla_en_lata.jpg
  • Recuerdos de Madrid - Tesoros de azafrán - La Melguiza
    recuerdos_de_madrid_-_tesoros_de_azafran1.jpg
  • Recuerdos de Madrid - Metro de Madrid
    Recuerdos de Madrid - Metro de Madrid.jpg
  • Recuerdos de Madrid - La Violeta
    Recuerdos de Madrid - La Violeta.jpg
  • Recuerdos de Madrid - Un lote de postales de Madrid con mensaje
    3_un_lote_de_postales_de_madrid_con_mensaje_2.jpg
  • Recuerdos de Madrid - Museo del Prado
    Recuerdos de Madrid - Museo del Prado.jpg

マドリード観光には数多くの可能性があるため、何か魅力的な計画を忘れてしまいがちです。けれども決して欠かせないのが、家族や友達のために費やす時間。それは、帰宅後、お土産やマドリードを連想させるちょっとした贈り物で、「あなたのことを覚えていたよ」というメッセージを受け取ってほしいからです。

定番のOsborneの雄牛の磁石、アルカラ門のマグカップ、プエルタ・デル・ソルのイラスト入りキーホルダーより、もっとユニークなプレゼントをお探しなら、独創性と魅力でサプライズをもたらし、現代的でクリエイティブなマドリードのイメージを伝える提案を、いくつかご紹介しましょう。

1.ジャガイモ入りトルティージャの缶詰

伝統的な料理であるトルティージャを世界中に届けようと、進取の気性に富んだ2人の若者、ギジェルモ・ペレス(Guillermo Pérez)とパトリシア・アルバレス(Patricia Álvarez)が経営している、マヨール広場(Plaza Mayor)24番地のMemories of Madridという店で販売されています。

缶詰には1939年から今年までの年の1つが印刷されており、好みの年が選べます。長寿の人々の増加に伴い、年数が1919年まで拡大される予定です。それぞれ、その年の主な出来事とその年に生まれた著名人の名前が記されています。

トルティージャの保存にはエキストラ・バージン・オリーブ・オイルのみが使用され、保存料や疑わしい添加物は使われていません。注:ジューシーな仕上がりとなるよう、材料にはタマネギが含まれています。

2.マドリードの地区のイラストマップ

贈り物にいいアイデアは、Relajaelcocoやリカルド・カボロ(Ricardo Cavolo)などのアーティストがイラストを描いた、マドリードの地区のガイドとマップ。レオン(León)通り30番地の店舗、Walk With Meで手に入れることができます。ガイドとマップには再生紙とオーガニックインクが使用されています。

3.メッセージ入りマドリードの絵葉書セット

「Mi Madrid para ti(あなたのための私のマドリード)」はブラジル人イラストレーターのBia Meloがデザインした15枚の絵葉書セット。マドリード好きの彼女が、街、人々、文化を完璧にまとめ、微笑みを誘うディテールが見られます。

絵葉書セットは布製の背で装丁され、引き抜きやすいよう内部が糊付けされており、よくあるバルのナプキンからとった「Gracias por su visita(ご来店ありがとうございます)」という文章など、様々なメッセージが含まれています。

El Moderno(Corredera Baja de San Pablo, 19)などの店舗で販売されている他、作者Bia Meloから直接購入することも可能です。

4.マドリードのユニークな絵画

特別なアート作品の購入をご希望なら、Cuadros guapos(Carlos Arniches, 32)へお出かけください。ラストロ(Rastro)にある興味深い店舗で、エンバハドーレス(Embajadores)地区の手工芸家、画家、イラストレーターの集いの場になっています。

マドリードの最高の姿を、スカイライン、象徴的な建造物、風景、夕方の景色で表現した作品で、地下鉄、グラン・ビア、夜のマドリードが描き出されています。ホセ・G・アルカラ(José G. Alcalá)やマルタ・ウジョア(Martha Ulloa)などのサイン入りプリントやイラストがあり、ポップアートのカラフルなスタイルが主流です。

5.プラド美術館の小さな宝飾品

プラド美術館のショップでは、最も象徴的な絵画を連想させる小さな宝飾品を提供しています。しかも、お手頃な価格で。いくつかアイデアをご紹介しましょう。ベラスケスの最も有名な絵画の女官のシルエットや犬のペンダント、『快楽の園』のハリネズミのブレスレットが購入できます。

ショップでは、プラド美術館が所蔵する名作の高解像度複製を、紙やキャンバスに印刷するサービスも行っています。

6.イチゴノキのリキュール

クマとイチゴノキ(マドローニョ)はマドリードの紋章の一部になっています。クマのことは誰もが知っていますが、イチゴノキに独特な実ができ、リキュールを作るために使われていることは、あまり知られていません。イチゴノキのリキュールは首都の様々な店で購入できます。

そして、マドリードの象徴のラベルがついた歴史的なリキュールをご希望の場合には、ラバピエス(Lavapiés)地区にある酒屋Mariano Madrueño(Calatrava, 19)へ足を運び、クルス・パロマ(Cruz Palomo)がカラバカ(Caravaca)通りの工房で生み出し、一躍有名になったこのリキュールを手に入れてください。

7.サッカーファンのために

サッカーファンで、マドリードのチームの土産品、装飾品、プレゼントの購入をご希望の方には、マドリードの全チームのオフィシャルショップが、選手の背番号入りTシャツやユニフォームといった定番の品から、チームのエンブレム入りマフラーや帽子まで、様々な可能性を提供しています。レアル・マドリード、アトレティコ・デ・マドリード、ラジョ・バジェカーノのオフィシャルショップから選択可能です。

8.マドリードの地下鉄の土産品

マドリードの地下鉄は開業100周年を迎え、記念の新しい土産品カタログを地下鉄ショップが発表しました。キーホルダー、手帳、ノート、バッグ、鉛筆、Tシャツなどが揃っています。

9.スミレのキャンディ

プエルタ・デル・ソル(Puerta del Sol)の横、カナレハス広場(Plaza de Canalejas)6番地に、マドリードでも特に名高いチョコレート店La Violetaがあります。

1915年創業の家族経営の同店は(創業当時のカウンター、陳列台、ガラスと陶器の容器が保存されています)、スミレの形と味のおいしいキャンディで有名です。友達や家族に贈るのにぴったりのお土産です。

10.サフランの宝

サフランはラ・マンチャの特産品ですが、マドリード中心部のサンティアゴ(Santiago)通り12番地にあるお洒落な店、La Melguizaで販売されている有機栽培のサフランや、人気の高い「赤い金」で作られた魅力的な製品を、食品のお土産としてお勧めします。

サフランに新しい発想が加わり、チョコレート、キャンディ、ジャム、ラ・マンチャ産チーズのパテの中に隠されています。同店ではフレーク塩、エキストラ・バージン・オリーブ・オイル、さらには化粧品も販売されており、すべてサフランが入っています。

 

  • マドリード・カード、マドリード・シティー・ツアーのチケットを、オフィシャルツーリストショップで購入しましょう!

    マドリード・ショップ(Madrid Shop)
  • Madrid Shop 2016
広告
  • Tiendas de equipos de fútbol
広告
  • マドリード観光には1日では十分と言えませんが、限られた時間をできるだけ有効に使うためのキーポイントをご紹介しましょう。

    24時間で巡るマドリード
広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。