マドリードの現代建築

  • MuseodelPradoJeronimos_1404213541.27.jpg

ここ数十年間マドリードでは現代建築の建設が続き、新しい建物と改修された古い建物が代表的なアイコンである街へと姿を変えました。セサル・ペジ(César Pelli)、ノーマン・フォスター(Norman Foster)、リチャード・ロジャース(Richard Rogers)、ヘルツォーク&ド・ムーロン(Herzog & de Meuron などの建築家が街に異なる表情をもたらしました。全体を構成する建物には、まるで未来から運ばれてきたようなものもあります。現代アートのショーウインドーのような通りを散策してみませんか?美しさと機能性の融合を目にし、素材の革新的な利用法を知ることができるでしょう。

 

市内中心部からわずか12キロ。交通の便が良く、幅広いサービスを提供しています。

広大なバルコニーからマドリード山脈の眺めが広がる現代建築ビル。

マンサナレス川を囲むウセラ(Usera)エリアの自然環境はレジャーに最適です。ラ・アタラヤ丘(Cerro de La Atalaya)からの眺めをお見逃しなく!

ベラスケス、ゴヤ、エル・グレコ、ティツィアーノ、ヒエロニムス・ボスなどの作品を所蔵する世界有数の美術館。

ソフィア王妃美術館。ピカソやダリの作品を展示する最大規模の現代美術館。

企画展と驚くべき垂直庭園で知られる活気に満ちた文化施設。

竹製の正面は、持続可能で環境に優しいこの建物のアイデンティティの印。カラバンチェル(Carabanchel)の象徴的な建物です。

カステジャーナ(Castellana)通りの北端に、新しい「マドリードのシティ」とスペインで最も高いビルが位置しています。

一流の建築家とアーティストが手がけたアバンギャルドなデザインで際立つホテル。

マドリード・リオ(Madrid Río)のかつての食肉処理場が、大規模な文化複合施設に変容。

マンサナレス川に平行して広がるマドリードの緑地帯は、「マドリード・リオ」と名付けられた巨大なレジャー・カルチャーエリア。

BBVA銀行のマドリード本店。高さ93メートルの楕円形のタワー「ラ・ベラ(La Vela)」が際立っています。

マンサナレス川直線公園にある、マドリードの現代建築の素晴らしい象徴の一つ。

修復された美しい工場に位置する、アート実験と文化への市民参加の代名詞的なスペース。

コンデ・ドゥケ(Conde Duque)エリアのひときわ目立つこの建物で、企画展やABCコレクションの展示が行われています。

バラエティ豊かなプログラムで、技術的なクオリティと芸術的な素晴らしさを追及する演劇複合施設。

研究、教育、建築・設計・都市計画プロジェクトの作成のための非営利組織。

ヨーロッパ初の超高層ビルが、堂々たるシルエットでグラン・ビア(Gran Vía)の中心的な存在となっています。

文化省の展覧会と自主管理団体のためのユニークなスペース。

ジョン・バギー・アーキテクツ(John Burgee Architects)設計の2つのキオ・タワーは、マドリードのスカイラインで最も有名なシンボル。

アトレティコ・デ・マドリードの新スタジアムの全秘密がわかる、ワンダ・メトロポリターノ・スタジアム ツアー(当日に試合がない金・土・日曜、祝日)。

ビジャベルデ(Villaverde)地区に位置する、イノベーションと新技術普及のための建物。

スペイン王族の宮廷画家であったゴヤとベラスケス が制作に従事した街としてだけではなく、マドリ ードにはヨーロッパ様式の大部分を代表する重要 な文化財が集まっています。

広告
  • ガイド付き見学「Ahora arquitectura」

    Ahora arquitectura

    建築、都市開発、アートを知る、評価する、興味をかき立てる。こうした目的で行われる様々なアクティビティで、マドリードの建築の包括的な概観を示します。

広告
広告
  • Faro de Moncloa

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。