アルモドバル(Almodóvar)のマドリードを散策

  • Pedro Almodóvar
    lallegadadealmodovaramadrid_1399879661.636.jpg
  • アルモドバルのマドリード
  • アルモドバルのマドリード到着
  • 監督に結び付いた街
  • アルモドバルを通して見るマドリードの変化

2018年にマドリード市の名誉市民に任命されたアルモドバルの 映画を見て、 好奇心旺盛な観客は街の片隅や舞台となった場所がどこかを特定して楽しむことができるでしょう。アルモドバルの世界のシンボルになっている場所もあれば、特定するのが難しい場所もあります。アルモドバルのマドリードを形作る何百ものロケーションから、いくつかご紹介しましょう。

環状線M-30の家

「グロリアの憂鬱(¿Qué he hecho yo para merecer esto?)」のラストシーン、カメラは登場人物たちが住む巨大な集合住宅を離れて行き、家々は大都市に並び立つ建物の中に埋もれていきます。3つの集合住宅は環状線M-30の脇、コンセプシオン地区(Barrio de la Concepción)のメスキータのすぐ近くに立っています。アルモドバルは何年も前にこれらの建物に注目していました -「フエンカラル(Fuencarral)地区の近くにあるテレフォニカの倉庫で働いていた時、毎日M-30号線を通っていた。高速道路のそばにそびえ立つ巨大な建物に、いつも強い印象を受けていた」。

 

ラ・ボビア(La Bobia

蚤の市(El Rastro)の場所に現存するカフェWooster(所在地:Duque de Alba, 3)では、挑戦的な視線やナンパの場面が繰り広げられています。ここは、カウンターカルチャー運動モビーダ(Movidaの伝説的な場所、「セクシリア(Laberinto de pasiones)」の重要な場所です。映画はこの場所のシーンから始まり、イマノル・アリアス(Imanol Arias)とセシリア・ロス(Cecilia Roth)が演じる主人公2人の熱い出会いもこの場所です。

 

コンデ・ドゥケの兵舎(Cuartel del Conde Duque

(所在地:Conde Duque, 9)「私に水をかけて!ためらわずに」という有名なシーンが撮影された場所。 「欲望の法則(La ley del deseo)」でカルメン・マウラ(Carmen Maura)が演じる役が、真夏の熱気から逃れるため、市の作業員に水をかけてくれるよう求めるシーンです。

 

アレナル通り(La calle del Arenal

「ライブ・フレッシュ(Carne trémula)」のラストシーン、アルモドバルはクリスマスの飾りつけを活かしてアレナル通りで撮影しました。ワンシーンはこの通りの始めにある生ハムで有名なチェーン店ムセオ・デル・ハモン(Museo del Jamónに焦点を当てています。監督はワゴン車の中から隠れて撮影し、通りには歩行者の中に何名かのエキストラを加えました。何時間か撮影した後、撮影シーンをチェックすると、全部のシーンにバルの入口で待っている男の姿が映っていることにアルモドバルは気付きました。「あの男性はなかなか来ない誰かを待っていたんだろうね」。問題の男性は眼鏡をかけており、そのシーンの最後に一瞬映ります。

 

マドリードの観光名所

アルモドバルのマドリードと、観光バスのルートはほとんど一致しません。例外は数えるほどしかなく、そのうちの一つが、「私の秘密の花(La flor de mi secreto)」に出てくるマヨール広場(Plaza Mayor)と、「ライブ・フレッシュ」のオープニングのクレジットタイトルに背景として使われたアルカラ門(Puerta de Alcalá) の夜景シーンです。

 

模型のマドリード

「キカ(Kika)」で、アルモドバルは場所が特定できるような野外での撮影はほとんど行いませんでした。しかし監督は街の象徴的な場所を欠かさないよう工夫を凝らしました。別荘の一室には、トーレ・マドリード(Torre Madrid、ツインタワーのトーレス・キオ(Torres Kio)、トーレ・エウロパ(Torre Europaの模型を設置しました。他にも、ベロニカ・フォルケ(Verónica Forqué)のアパートでは、トーレ・ピカソ(Torre Picasso)を背景に施しました。「抱擁のかけら(Los abrazos rotos)」でも、ホセ・ルイル・ゴメス(José Luis Gómez)が演じる大物が働くオフィスからの景色に、トーレ・ピカソが映し出されています。

 

墓地、電車、空港

アルモドバルの映画で繰り返し舞台として登場するのが、アルムデナ墓地(Cementerio de la Almudenaバラハス空港(Aeropuerto de Madrid-Barajasです。いつも街の変化を敏感に察知する監督は、「キカ」のピーター・コヨーテ(Peter Coyote)がマドリードに到着するシーンで、初めてアトーチャ(AtochaAVE(高速列車)の駅を素晴らしいトラッキング・ショットで撮影しています。その数年後には、「オール・アバウト・マイ・マザー(Todo sobre mi madre)」で、セシリア・ロスが、バルセロナ・マドリード間のAVEを利用しています。その当時AVEはまだバルセロナまで開通しておらず、アルモドバルは時代を先取りしたことになります。
 

カクテルバー「ムセオ・チコーテ(Museo Chicote)」

「抱擁のかけら」の重要なシーンの一つは、スペイン国内外で活躍するスターたちが足を運んだ象徴的なカクテルバー「ムセオ・チコーテ(所在地:Gran Vía, 12)」で撮影されました。アメリカの女優エヴァ・ガードナーが有名な闘牛士ルイス・ミゲル・ドミンギン(Luis Miguel Dominguín)を魅了したのも、この店でのことでした。「抱擁のかけら」では、ブランカ・ポルティージョ(Blanca Portillo)が演じる役がジントニックを飲みながら、長年胸に秘めてきた真実を語ります。
 

茨の冠

「茨の冠」として知られるスペイン歴史遺産協会(Instituto del Patrimonio Histórico Españolの本部(所在地:El Greco, 4. Ciudad Universitaria)は、「私が、生きる肌(La piel que habito)」でアントニオ・バンデラス(Antonio Banderas)が演じる復讐心の強い登場人物が講演を行うのに選ばれた舞台です。建築家リチャード・ロジャースによれば、この建物は「細部に至るまで創造力とエネルギーを感じさせる」といいます。建築家フェルナンド・イゲラス(Fernando Higueras)とアントニオ・ミロ(Antonio Miró)の有機的デザインの作品で、60年代半ばに着工されました。アルモドバルはこのシーンにさらなる表現力が加わると感じ、この建物を舞台として選んだのです。
 

セゴビアの高架橋

街のインフラに適用された30年代のマドリード建築合理主義の一例(開通は1949年)。高架橋は王宮とビスティージャス(Vistillas)地区を結んでいます。この高架橋はマドリード市民の一般的なイメージでは、自殺の名所とされていました。死との結び付きは、極端な情熱を描いた「マタドール<闘牛士>・炎のレクイエム(Matador)」ですでに明らかになっていました。そして、挑発的なコメディ「アイム・ソー・エキサイテッド(Los amantes pasajeros)」では、ほぼ全編がスタジオでの撮影だったにもかかわらず、パス・ベガ(Paz Vega)が演じる役は、まさにこの場所で自殺未遂を起こしています。
 

フェルナンド6世通り

Julieta(ジュリエッタ 2016)において、ペドロ・アルモドバルは、アリス・マンローのノーベル文学賞受賞小説に、スペインの風景を取り入れています。アルモドバル監督は当初、原作の舞台であるカナダでの映画撮影を考えていましたが、最終的にはマドリードをはじめとするスペインでの撮影を決定しました。ストーリーは、フェルナンド6世通り19番地にある民家を中心に展開されます。
 

ドレ映画館(Cine Doré

国立映像ライブラリー(Filmoteca Española)の本部(Santa Isabel, 13)は2つの作品に登場しています。1作目は「トーク・トゥ・ハー(Hable con ella)」。ハビエル・カマラ(Javier Cámara)演ずるベニグノが作品内の短編「エル・アマンテ・メングアンテ(El amante menguante)」を見に行った時。私的な性格の強い最新作「Dolor y gloria」では、アルモドバル本人の分身であるアントニオ・バンデラス(Antonio Banderas)を称え、笑いを誘うシーンがもたらされています。

アルモドバルのその他の通りや街角

  • モンタルバン通り7番地(Calle Montalbán, 7マンション最上階の8階は、「神経衰弱ぎりぎりの女たち(Mujeres al borde de un ataque de nervios)」でペパ(カルメン・マウラ)が住んでいた家です。背景にはテレフォニカ・ビル(Edificio Telefónica)が立つグラン・ビア(Gran Vía)のシルエットが見えます。
  • アルマグロ通り38番地(Calle Almagro, 38「神経衰弱ぎりぎりの女たち」で、アントニオ・バンデラスの家族の家。
  • セビージャ通り3番地(Calle de Sevilla, 3「キカ」のキカの家。
  • ビジャ・ロサ(サンタ・アナ広場15番地)〔Villa RosaPlaza de Santa Ana, 15「ハイヒール(Tacones lejanos)」で女装したミゲル・ボセ(Miguel Bosé)が演じるクラブ。
  • マリア・ゲレロ劇場(タマヨ・イ・バウス通り)〔Teatro María GuerreroCalle Tamayo y Baus)〕「ハイヒール」でマリサ・パレデス(Marisa Paredes)が歌う劇場。
  • シルクロ・デ・ベジャス・アルテスのカフェ(アルカラ通り42番地)〔Café del Círculo de Bellas ArtesCalle Alcalá, 42)〕「キカ」でビクトリア・アブリル(Victoria Abril)とピーター・コヨーテがシナリオについて話し合う場所。
  • アラミージョ広場(Plaza del Alamillo「ハイヒール」でマリサ・パレデスが住んでいた地下管理人室があった場所。
  • プエルタ・デ・モロス広場(Plaza de Puerta de Moros「私の秘密の花」の最初で、レオ(マリサ・パレデス)がブーツを脱ごうとする場所。
  • エドゥアルド・ダト通り18番地(Paseo de Eduardo Dato, 18「ライブ・フレッシュ」でハビエル・バルデム(Javier Bardem)とフランチェスカ・ネリ(Francesca Neri)の家。
  • セゴビア通り(Calle Segovia「抱擁のかけら」でルイス・オマール(Lluis Homar)が演じる登場人物が、この地区の高架橋の下に住んいた。
  • カクテルバー・コック(レイナ通り16番地)〔Cockcalle Reina, 16)〕「抱擁のかけら」でタマル・ノバス(Tamar Novas)がDJとして働いていた場所。
  • ピントール・ロサレス通り(Paseo del Pintor Rosalesアントニオ・バンデラスが演じ、監督自身の特徴を多く備えたサルバドール・マジョが住んでいます。カサ・デ・カンポ(Casa de Campo)が背後に広がるオエステ公園(Parque del Oeste)の真ん前にある、魅力あふれる通り。
     
  • ミラドール・ホールSala Mirador(Doctor Fourquet, 31)〕「Dolor y gloria」の特に感動的なシーンの一つで、この小さなオルタナティブシアターを舞台に、アシエル・エチェアンディア(Asier Etxeandia)扮するアルベルト・クレスポが独白。 

 

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告
  • 世界的芸術家ゴヤが住み近代絵画の基礎を築いた都市、マドリードに存在する彼の本質的全作品やスポットをご紹介。

    ゴヤのマドリード
  • Estatua de Francisco de Goya / José San Bartolomé LLaneces © Museo Nacional del Prado
広告
  • ペレス‐レベルテの小説で知られるアラトリステ。彼の冒険が繰り広げられた17世紀のマドリードを生きる。

    アラトリステのマドリード
  • El Madrid de Alatriste - La rendición de Breda o  Las lanzas - Diego Velázquez
広告
  • El Rey León
  • Palacio de Cristal

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。