旅行に必要な書類

  • documentosviaje_1403006060.259.jpg

スペインはシェンゲン協定加盟国です。そのため、協定加盟国からの旅行者には自由な移動が認められ、出入国管理は行われません。協定加盟国以外からの旅行者は、在住国のスペイン大使館で観光ビザを申請してください。
 

パスポート

ドイツ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、スロバキア、スロベニア、エストニア、フィンランド、フランス、ギリシャ、オランダ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、チェコ、スウェーデン、スイスの住民に恩恵をもたらすシェンゲン協定の他に、スペインへの入国を簡素化して、査証の発行を受ける必要なく、規定に従ったパスポートを提示するだけで良いとする協定が、特定の国との間に存在します。この協定を結んでいるのは、アンドラ、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、ブルネイ、カナダ、バチカン市国、コスタリカ、クロアチア、エルサルバドル、アメリカ合衆国、グアテマラ、ホンジュラス、香港、イスラエル、日本、マカオ、マレーシア、メキシコ、モナコ、ニカラグア、ニュージーランド、パナマ、パラグアイ、韓国、サンマリノ、シンガポール、ウルグアイ、ベネズエラです。
 

査証

一般的に査証発行のために必要とされるのは、旅行に十分な経済能力の証明、往復の航空券宿泊予約の証明ですが、手続きは国によって異なる場合がありますので、各国のスペイン大使館で情報を入手してください。スペイン大使館の連絡先はスペインの外務省のホームページで確認できます。

旅行の理由が観光に限られる場合は、短期査証(シェンゲン)を申請してください。この査証はスペイン国内および他のシェンゲン協定加盟国内の通過または滞在を可能とするもので、期間はシェンゲン圏への最初の入域日から6カ月(180日間)のうち最大3カ月(90日)です。

スペインへの入国が他の理由によるものである場合は、スペインの長期査証を申請してください。これらの査証は、スペインでの居住、就労、就学、研究を可能とするものです。居住、就労、就学、研究を目的としてスペインへ入国を希望する外国人は全員、この種類の査証を必要としますが、欧州連合、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス国民はその限りではありません。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告