実用的なアドバイス

  • consejosalvisitante_1404809184.889.jpg

街の日常生活のリズムは?時間帯は?自分の携帯は問題なく使える?水道の水飲める?初めての目的地へ旅立つ際、こうした疑問を抱くものです。                                                                                                     

営業時間

マドリードの商店は9:00から10:00の間に開店し、市の中心部をはじめとして大半の店舗が、途中で店を閉めることなく、20:00あるいは22:00まで営業しています。午前と午後の間に一度閉店する店舗の場合、たいていが14:00に店を閉め、16:00から17:00の間に再び店を開けます。

マドリードの法律により、商店はそれぞれ自由に営業時間を設定できるため、プエルタ・デル・ソル(Puerta del Solグラン・ビア(Gran Vía周辺など、市内の主要観光エリアでは、日曜・祝日も営業している年中無休の店舗もあります。

飲食施設も営業時間が長く、スペインの習慣では昼食をとるためにレストランに入るのは遅くとも15:30、夕食の場合は23:00ですが、常に例外はあり、それより遅い時間でも、「厨房は閉まりました」と言われない店もあります。その上、タパスを食べるなら時間帯は融通が利き、いつでも味わうことができます。
 

携帯電話サービスエリア

スペインでは、世界標準GSM方式のネットワークが利用されています。アメリカのGSM方式で使用されている周波数帯(850、1900MHz)はヨーロッパで使用されている周波数帯(900、1800MHz)とは異なりますが、3つの周波数に対応するトライバンド(3G)の携帯や 4つの周波数に対応するクワッドバンド(4G)の携帯(4G)が市場で普及してきているため、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸のいずれにおいても、利用の際に一切問題は生じません。3G携帯は、各地域に該当する2つの周波数帯に対応する他、ヨーロッパのトライバンド(900、1800 、1900 MHz)またはアメリカのトライバンド(850、1800、1900 MHz)という、別の地域に該当する3つ目の周波数帯にも対応しています。

お持ちの携帯電話がこうした特徴に対応していない場合、電話会社にお問い合わせになることをお勧めします。
 

電圧・プラグ

スペインの電圧は220ボルトで、プラグは2本の丸いピンがついており、わきに接地極があります。

こうした特徴に対応していない電気機器プラグ用のアダプターは、簡単に入手できる他、多くの宿泊施設でも提供されます。
 

マドリードの水はスペインでも有数の健康的な水であるため、安心して水道の水を飲むことができます。マドリード近郊のノルテ山脈(Sierra Norte)から消費地まで直接配管網が敷設されているため、マドリードの水質は非常に優れたものとなっています。
 

料金

各種施設ではサービス料金が含まれていますが、ホテルやレストランでは、「付加価値税は含まれていません(IVA NO INCLUIDO)」と表示されていることがよくあります。この場合、消費した料金に10%の追加料金がかかります。スペインではチップは任意で払うものですが、 良い対応を受けた場合には、たいていチップの支払いが行われます。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告