マドリードのサッカー

  • VicenteCalderon_1404738642.666.jpg

マドリードではいつが「サッカーの試合の日」か、気づかずに過ごすことはほぼ不可能だと言っていいでしょう。レアル・マドリード(Real Madrid)、アトレティコ・デ・マドリード(Atlético de Madrid)、ラジョ・バジェカーノ(Rayo Vallecano)は、それぞれ1902年、1903年、1924年のクラブ創設以来、マドリードの100年以上に及ぶサッカーの歴史の三大主人公です。

 

3チームのスタジアムは、サンティアゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabéu)がそびえ立つチャマルティン(Chamartín)の中心部から、マンサナレス川(Manzanares)沿いのビセンテ・カルデロン(Vicente Calderón)を経て、マドリードの労働者地域にある質素なエスタディオ・デ・バジェカス(Estadio de Vallecas)まで、街をほぼ北西に斜めに貫く線を描いています。

サッカーとガストロノミー

マドリードの飲食分野とサッカーの強い結びつきは、あらゆる意味において、この情熱への栄養補給に貢献しています。スタジアム周辺の店は、試合の前後と最中に大勢のファンを迎えます。これは市中央部のソル(Sol)や文芸地区(Barrio de Las Letras)の多くのビヤホールでも同じことで、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグのトーナメントには、外国のサポーターが集まります。

その他、Asador DonostiarraやMesón Txistuは、レアル・マドリードの選手やクラブ幹部がよく足を運ぶ店となっています。すべてに個々の場所があるマドリードでは、スペインリーグほぼ全チームのサポーターグループがそれぞれ集まる店があることでしょう。

祝賀

街の建築物との伝統的なつながりから、各チームのサポーターとマドリードの噴水が結びついています。レアル・マドリードファンにとってのシベレス(Cibeles)、アトレティコ・デ・マドリードファンにとってのネプチューン(Neptuno)、ラジョ・バジェカーノファンにとってのマドリード州議会は、獲得したタイトルや順位などを集まって祝うお決まりの場所です。それに加え、コロン広場(Plaza de Colónが、地方のライバル意識を超越して、サッカーのスペイン代表の活躍を祝う中心地となっています。

博物館

サッカーへの情熱はマドリードの空気の一部となっており、この街を訪れる人々はそれを感じます。サッカーは博物館入館者数ランキングにまで登場しており、ベルナベウ・ツアー(Tour Bernabéu)アトレティコ・デ・マドリード博物館(Museo de Atlético de Madrid)では施設内のガイドツアーも可能で、入館者数は増える一方です。

中立のフィールドを選ぶなら、イケル・カシージャス(Iker Casillas)やクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が、アンドレス・イニエスタ(Andrés Iniesta)、ダビ・ビジャ(David Villa)、フェルナンド・トーレス(Fernando Torres)とともにピッチに立つロウ人形博物館(Museo de Cera)が最適でしょう。郊外では、ラス・ロサス・サッカー・シティ(Ciudad del Fútbol de Las Rozas)にサッカースペイン代表博物館(Museo de la Selección Española)があります。1900年のモダニズム作品である「サッカーの扉」に守られたこの博物館は、リカルド・サモラ(Ricardo Zamora)、サラ(Zarra)、オリベリャ(Olivella)、イリバル(Iribar)、アルフレド・ディ・ステファノ(Alfredo Di Stefano)など伝説の選手から、「ラ・ロハ(La Roja:スペイン代表チームの愛称)」の新たな主人公たちまで、スペインサッカーの歴史巡りの締めくくりとなることでしょう。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。