マドリードでの通貨について

  • Dinero en Madrid
    dinero_en_madrid.jpg

両替

マドリード滞在中に使用する硬貨と紙幣は、2002年よりユーロ圏の共通通貨となっているユーロです。硬貨は1、2、5、10、20、50セントと1、2ユーロの8種類。紙幣は5、10、20、50、100、200、500ユーロ札があります。

アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港(Aeropuerto Adolfo Suárez Madrid-Barajas、鉄道のアトーチャ(Atocha駅とチャマルティン(Madrid - Chamartín - Clara Campoamor)駅、そしてアベニーダ・デ・アメリカ(Avenida de Américaメンデス・アルバロ(Méndez Álvaro、モンクロア(Moncloaの各主要バスターミナルに両替所があります。同様に、プエルタ・デル・ソル(Puerta del Sol周辺をはじめとするマドリード中心部にも、両替所が多数あります。また、どこの銀行でも両替ができる他、両替サービスを行っているホテルもあります。

市場に応じて変動しますから、あらかじめ当日のユーロの為替レートをご覧になることをお勧めします。

旅行時の通貨管理の際には、たとえ法定通貨であっても100、200、500ユーロ等の高額紙幣の取り扱いを行わない商店や施設が数多くあることを、考慮に入れておくとよいでしょう。

クレジットカードとATM

現金がなくなってもマドリードでは問題はありません。市内のあらゆる所にATMがあるほか、大半の施設で飲食やショッピングの支払いをクレジットカードで行うことができます。メトロ(地下鉄)ではクレジットカード支払いが可能ですが、市バスでは不可能です。また、新型コロナウイルス感染症の衛生対策措置として、多くの施設がクレジットカードによる支払いを受け付けるようになりました。

利用可能店舗が最も多いのはVisaとMastercardで、American Express とDinnersはそれほど多くありません。スペインでのクレジットカードご利用に対する手数料関連の情報は、お取引のある銀行にお問い合わせください。決済にかかる手数料は、引き落とし口座のある銀行によって異なります。

ほぼすべての施設においてカードによる支払いが可能ですが、利用最低金額(5~10ユーロ)を設定している場合もあります。また、現金の持ち合わせなくタクシーに乗車する場合は、クレジットカード端末機による支払いが可能かどうかを確認しましょう。Free Now をはじめ、タクシーの手配から支払いまでを行える様々なアプリがあります。
 

チップ

マドリードでのチップの概念は、受けたサービスへのお客様の満足感に直接結び付いています。少なくともスペイン人客の間では、チップは「任意で」、消費者の意向次第のものであるという本来の特徴を維持し続けており、サービス業界のスタッフは、必ず支払われるものでないことをよく理解しています。

レストランの中には、パンや食前のつまみのサービスに2~3ユーロの追加料金を適用する(お客様への通知が義務づけられています。必要でない場合には拒否することができます)店もありますが、一般的にはお会計の際に、お客様が受けた親切とサービスの質に感謝して任意でチップを置きます。

チップの習慣は、ホテル、タクシー、美容院など、個人の必要に合わせてなんらかの対応がなされるその他の観光サービスにも広がっています。

各種施設ではサービス料金が含まれていますが、ホテルやレストランでは、「付加価値税は含まれていません(IVA NO INCLUIDO)」と表示されていることがよくあります。この場合、消費した料金に10%の追加料金がかかります。
 

免税(付加価値税の払い戻し)

EU圏外に居住し一定条件を満たす場合、スペイン(本土、バレアレス諸島)滞在中に購入した商品にかかる付加価値税の還付を受けることができます。

要件:

  • 付加価値税還付(DIVA タックスフリー:2019年1月1日より必須)の電子書式申請を提供する店舗で購入する。
  • 購入商品が個人的な用途によるものであり、商業目的ではないこと。
  • 購入した商品を、購入日から3か月以内に居住国に持ち帰ること。

すべての手続きについては、こちらの資料をご覧ください。

アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港(Aeropuerto Adolfo Suárez Madrid-Barajas 内のオフィスでは、スペインで買い物を行ったEU圏外居住者に対する税還付請求の手続きを行っています。また、百貨店 エル・コルテイングス(El Corte Inglés)内のオフィスでは、身分証明書の提示により購入商品にかかる付加価値税の還付手続きが行えます。EU圏外の在住者は、購入額の最大15.7%の還付を受けることができます。

また、国際的なタックスフリー業者 Global Blue はマドリードのクラウディオ・コエジョ(Claudio Coello)通りにVIP Free Shopping を開設、EU圏外からの旅行者が出国日を待たずに付加価値税の還付を受けることができるよう、多言語によるサポートサービスを行っています。

 

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

  • ハプニングなく滞在を満喫するために知っておきたい基本情報。

    実用的なアドバイス
  • Consejos prácticos
  • パスポートを用意して、出発国からの旅行に他に必要な書類があるかどうか確認してください。スーツケースを持って、マドリードへ出かけましょう!

    旅行に必要な書類
  • Documentos para el viaje
広告
  • アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港(Aeropuerto Adolfo Suárez Madrid-Barajas)は市内中心部から公共交通機関でわずか30分。

    飛行機でのアクセス方法
  • Cómo llegar en avión

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

最高の思い出の品をオンラインで購入!(スペイン語のページ)

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。