アルガンダ列車

  • El Tren de Arganda
    el_tren_de_arganda.jpg
  • El Tren de Arganda
    el_tren_de_arganda.jpg
  • El Tren de Arganda
    el_tren_de_arganda.jpg

1990年、鉄道ファンのあるグループが解体寸前の古い蒸気機関車を手に入れました。時を経て、この非営利組織は歴史的な機関車を再生し、さらには、旧タフーニャ鉄道路線(1997年に廃止)のラ・ポベダ(アルガンダ)-ラ・ラグーナ・デル・カンピージョ(リバス)間も復活させました。こうして、人々の間で、「盛んに汽笛を鳴らしはするが速度はゆっくり」と知られていた列車が、2003年に蘇ったのです。

約4キロの旅は40~45分かかります。歴史的な列車であるため、所要時間は天候によって若干異なり、状況によっては、蒸気機関車の代わりにディーゼル機関車での運行になる場合があります。本部と博物館のあるアルガンダ・デル・レイ(Arganda del Rey)のラ・ポベダ(La Poveda)駅から出発し、煙を上げながらラグーナ・デル・カンピージョ(Laguna del Campillo)駅まで走ります。小さな終着駅は、マドリード市に隣接するリバス=バシアマドリード(Rivas-Vaciamadrid)の大きな池の岸にあり、池が駅名の由来になっています。乗客はそこでアルガンダへ戻るための方向転換作業(10分間)を見ることができます。その後、列車はラ・ポベダに戻り、小さな鉄道博物館の見学が可能です。博物館には鉄道の世界の過去の資料や品々が集められ、昔の駅の雰囲気が再現されています。

道中、長さ175メートルの壮観な鉄橋でハラマ川を2度渡ります。この川は、スペイン内戦のハラマの戦いの歴史的な舞台となった場所です。

この観光列車は、3月、4月、5月、10月、11月、12月の毎週日曜に運行します。

タイムテーブル

3月、4月、5月、10月、11月、12月の毎週日曜

出発:10:00、11:00、12:00、13:00

予約

電話:630 336 840

受付時間:10:00~14:00、16:00~19:00

Eメールreservas@vapormadrid.com

土曜日の16:00までに乗客の人数と年齢をお知らせください

料金

蒸気機関車での旅(往復)+小さな駅博物館見学:5 €

モジュール模型見学:2 €

3歳未満:無料

その他のインフォメーション

ミゲル・デ・セルバンテスの生誕地を訪ねるユニークな方法(2018年4月7日〜7月28日、9月1日〜12月8日)。

マドリード州初の鉄道路線を再現するクラシカルな列車で、マドリードからアランフエスへの旅(土、日、4月14日から10月21日まで、7月、8月、9月を除く)。

中世へタイムスリップし、歴史ある街を訪れる楽しい方法(4月14日と21日、5月19日と26日、6月2日と9日、9月22日と29日、10月6日、20日、27日、11月3日)。

レトロな列車でマドリードからサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル修道院へ行き、フェリペ2世の帝国の秘密を見つけましょう。

マドリード近郊へ出かけましょう。マドリードは、2時間以内の距離に9の世界遺産が存在する世界唯一の都市です。

マイプランで観光、ガイド付き観光、マドリード周辺地域へ小旅行。

広告
  • El Rey León
広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。