マドリードのクリスマス

  • 1-luces_de_navidad.jpg
  • クリスマスのイルミネーション
  • アクティビティ
  • クリスマスのお菓子
  • サン・シルベストレ・マラソン
  • 大晦日の夜
  • 三賢人のパレード

マドリードには、通りが賑わいを見せ、多くの人々が訪れる祭りやイベントがたくさんありますが、クリスマスの到来ほど多くの地域に広がる行事は、ごくわずかです。

11月末のイルミネーション点灯とともに、街に魅惑あふれるシーズンが始まります。

今年は11月24日から1月6日まで、様々な色のイルミネーションが街を彩ります。環境への配慮やエネルギー効率に関する非常に厳しい要件を満たした何百万ものライトが、通りや広場、建物などを照らし、明るさは増しながらも、電力消費量は減少しています。

イルミネーションのデザイン

イルミネーションには、クリスマス期間中街を飾るためにスペインの主なファッションデザイナー、建築家、グラフィックデザイナーがデザインしたものが見受けられます(テレサ・サペイ、プリフィカシオン・ガルシア、ベン・ブッシェ、ロベルト・トゥレガノ、ビクトリオ&ルッキーノ、アドルフォ・ドミンゲス、セルヒオ・セバスティアン)。まるで街路をステージにしたファッションショーのように、光となった彼らの作品が次々と現れるのです。

今年、新しいデザインのイルミネーションは、アレナル通り(Calle Arenal)、カルメン通り(Calle Carmen)、アルカラ門(Puerta de Alcalá)、プエルタ・デル・ソル(Puerta del Sol)のモミの木、プレシアドス通り(Calle Preciados)、マヨール広場(Plaza Mayorに飾られます。ロペス・デ・オジョス通り(Calle López de Hoyos)、アンポスタ通り(Calle Amposta)、ラ・アルブフェラ通り(Avenida de la Albufera)、モラタラス通り(Avenida de Moratalaz)では木々の装飾が鎖状のものから輝くアーチ型に替わりました。また、市内を巡るイルミネーションのルートに、モラティン(Moratín)、カレタス(Carretas)、エスポス・イ・ミナ(Espoz y Minaの各通りが加わっています。

プエルタ・デル・ソルにはクリスマスツリーが1本(ドイツ人建築家ベン・ブッシェがデザイン)、イルミネーションが施されたツリーがグラン・ビア(Gran Vía)とラ・モンテラ通り(Calle de la Montera)で構成されるレ・デ・サン・ルイス(Red de San Luis(Movistar後援)、コロン広場(Plaza de Colónとヘノバ通り(Calle de Génova)(スペイン郵便局後援)、カジャオ広場(Plaza de Callao合わせて3設置されました。

その他、木々や公共空間を彩る伝統的なイルミネーションや鎖状の飾りに加え、地区委員会周辺には満開の桜が輝きます。

20162017年クリスマスイルミネーション点灯時間

  • 日曜、月曜、火曜、水曜:18:00~23:00
  • 木曜、金曜、土曜:18:00~00:00
  • 12月25日、1月1日、1月6日:18:00~00:00
  • 12月24日、1月5日:18:00~03:00
  • 12月31日:18:00~06:00

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。