地下鉄(メトロ:Metro)で移動するマドリード

  • ChamberiAndenCero_1403593426.221.jpg

マドリードでの移動に最も速く経済的な手段である地下鉄。市内ほぼ全域と多くの近郊都市をカバーし、ヨーロッパでも有数のネットワークを誇ります。

現在、12のメトロ路線と3つのメトロ・リヘロ(Metro ligero)、そしてオペラ(Ópera)駅とプリンシぺ・ピオ(Príncipe Pío)駅をつなぐ支線(Ramal)があります。全線の中でも注目を浴びているのが、市内とバラハス国際空港およびマドリード見本市会場(Feria de Madrid:Ifema)を結ぶ8号線〔ヌエボス・ミニステリオス(Nuevos Ministerios)-空港ターミナル4Aeropuerto T4)〕(ターミナル4までは所要時間20分、その他のターミナルへはわずか12分)と、新たな都市開発地域への路線〔カラバンチェルPAU(Pau de Carabanchel)への11号線、サンチナロ(Sanchinarro)とラス・タブラス(Las Tablas)へのメトロ・リヘロ1号線〕です。

地下鉄の幅広いネットワークは、歴史地区、商業地区、経済中心地を走る他、マドリードと近郊都市も結んでいます。9号線はリバス-バシアマドリード(Rivas-Vaciamadrid)、ラ・ポベダ(La Poveda)、アルガンダ・デル・レイ(Arganda del Rey)へ、メトロ・スル(MetroSur(12号線)はアルコルコン(Alcorcón)、モストレス(Móstoles)、フエンラブラダ(Fuenlabrada)、ヘタフェ(Getafe)、レガネス(Leganés)へ、メトロ・ノルテ(MetroNorte(10号線)はアルコベンダス(Alcobendas)、サン・セバスティアン(San Sebastián)へ、メトロ・エステ(MetroEste(7号線)はコスラダ(Coslada)、サン・フェルナンド・デ・エナレス(San Fernando de Henares)へ、メトロ・リヘロ・オエステ(Metro Ligero Oeste(2、3号線)はポスエロ・デ・アラルコン(Pozuelo de Alarcón)、ボアディージャ・デル・モンテ(Boadilla del Monte)へ運行しており、11号線は市内とラ・フォルトゥナ地区(Barrio de la Fortuna)を結んでいます。
 

マドリード地下鉄路線 (地下鉄路線マップをダウンロード)

  • 1号線:ピナール・デ・チャマルティン(Pinar de Chamartín)-バルデカーロス( Valdecarros) *メンテナンス工事のため7月3日から11月12日まで、プラサ・デ・カスティージャ(Plaza de Castilla)−  シエラ・グアダルーペ(Sierra Guadalupe)間の運行は中止されます。
  • 2号線:ラス・ロサス(Las Rosas)– クアトロ・カミノス(Cuatro Caminos)
  • 3号線:ビジャベルデ・アルト(Villaverde Alto)– モンクロア(Moncloa)
  • 4号線:アルグエジェス(Argüelles)– ピナール・デ・チャマルティン(Pinar de Chamartín)
  • 5号線:アラメダ・デ・オスーナ(Alameda de Osuna) – カサ・デ・カンポ(Casa de Campo)
  • 6号線:環状線
  • 7号線:オスピタル・デ・エナレス(Hospital de Henares) – ピティス(Pitis)
  • 8号線:ヌエボス・ミニステリオス(Nuevos Ministerios)– 空港ターミナル4(Aeropuerto T4)
  • 9号線:エレラ・オリア(Herrera Oria)– アルガンダ・デル・レイ(Arganda del Rey)
  • 10号線: オスピタル・インファンタ・ソフィア(Hospital Infanta Sofía) – プエルタ・デル・スール(Puerta del Sur)
  • 11号線:プラサ・エリプティカ(Plaza Elíptica) – ラ・フォルトゥナ(La Fortuna)
  • 12号線:メトロ・スル(MetroSur)
  • 支線 (R):オペラ(Ópera)– プリンシペ・ピオ(Príncipe Pío)
     

メトロ・リヘロ(Metro ligero

  • 1号線:ピナール・デ・チャマルティン(Pinar de Chamartín)– ラス・タブラス(Las tablas)
  • 2号線:コロニア・ハルディン(Colonia Jardín) – エスタシオン・デ・アラバカ(Estación de Aravaca)
  • 3号線:コロニア・ハルディン(Colonia Jardín) – プエルタ・デ・ボアディージャ(Puerta de Boadilla)

6:00~1:30まで運行。午前中の通勤・通学の込み合う時間帯には2分間隔にて運行、0:00からは15分間隔で運行されます。 週末の日中は運行間隔が開きます。7号線のピティス(Pitis)駅、プエルタ・デ・アルガンダ(Puerta de Arganda)駅とアルガンダ・デル・レイ(Arganda del Rey)駅間は、他の地下鉄網とは異なる時間帯で運行しています。
 

料金

2012年5月1日より適用されている料金は以下の通りです。

 

1回乗車券(BILLETE SENCILLO

 

   

メトロ〔Aゾーン、メトロ・リヘロ1号線(ML1)〕(*)

1.50~2.00

 

メトロ・エステ、メトロ・ノルテ、メトロ・スル

(MetroEste, MetroNorte, MetroSur)

 

1.50

TFM路線

2.00

メトロ共通券(Billete Combinado Metro)(**)

3.00


10回乗車券(BILLETE 10 VIAJES


メトロAゾーン、EMT、メトロ・リヘロ1号線(ML1)

(メトロバス)

 

12.20

   

メトロ・エステ、メトロ・ノルテ、メトロ・スル

(MetroEste, MetroNorte, MetroSur)

 

11.20

TFM路線

12.20

メトロ共通券(Billete Combinado Metro)(**)

18.30


空港発着便乗車券


1回乗車券+空港追加料金 (*)

4.50~5.00

 

共通券+空港追加料金

6.00

空港追加料金

3.00

   

(*) 5駅まで:1.50 €。6~9駅:駅ごとに0.10 € 加算。10駅以上:2.00 € 。自動販売機で目的地を選ぶと、最短ルートの駅の数と該当する料金が自動的に計算されます。

 (**) マドリード州の地下鉄全路線、TFM路線、マドリード・メトロ・リヘロ(ML1)、メトロ・リヘロ・オエステ(ML2、ML3)で有効。

- 4歳未満のお子様は無料。

- マドリードの地下鉄では犬の乗車も可能です。乗客一人につき一匹までで、リードや口輪を常備し、最後尾車両に乗車します。利用可能時間帯は週末・夏季(全時間帯)、月曜〜金曜(混雑時間帯を除く)です。自転車は時間帯を問わず、プラットフォームで折り畳んだうえ、地下鉄にアクセスが可能です。さらに詳しいインフォメーション(スペイン語)

*地下鉄1号線は11月まで工事のため、利用が制限されます。

 

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告
  • マドリードで迷わないために必要な情報がすべてつまったオリジナルマップをダウンロード!

    観光エリアマップ(PDF)
広告