チンチョン(Chinchón)

  • Chinchón
    2-chinchon_plaza_mayor.jpg

マドリードから約45キロ、タホ川とハラマ川の流域に位置し、ブドウ畑とオリーブ畑に囲まれているマドリードの歴史的なこの町は、象徴的なマヨール広場(Plaza Mayor)、カスティージャ地方の素晴らしいガストロノミー、興味深い様々な祭りを誇っています。

チンチョンと言えば広場。古くからの歴史ある広場で、柱廊に囲まれ、段状の屋根と、緑色に塗られた234の木製バルコニーがあります。広場を中心に、家々が周囲に軒を連ねて広がっていったような佇まいです。起源を中世に遡るこのマヨール広場は、カスティージャ地方の民間建築の独特な一例にとどまらず、この町の中心地となっています。建設当初から、国王の即位式や王室の行事、馬上槍試合、演劇、闘牛、家畜市、聖体神秘劇、処刑の舞台であった他、映画の撮影セットにもなりました(この広場でカンティンフラス、リタ・ヘイワース、オーソン・ウェルズ、ジョン・ウェインが演技)。レストランやテラスが多数あり、食前酒を飲んだり食事をしたりするのに最適な場所です。子豚、子羊、子山羊、チョリソ(豚肉の腸詰め)など、薪オーブンを使った料理が人気で、焼きピーマン、カスティージャ風スープ、ニンニクスープ、パン切れを炒めた「ミーガス(Migas)」、肉抜きの煮込み「ポタヘ・デ・ビヒリア(Potaje de vigilia)」、煮込み料理「コシード(Cocido)」、羊乳チーズと合わせます。

カーニバルと中世市場

2月には広場でカーニバルと大規模な中世市場が開かれ、トーナメント、手工芸、行列、様々な種類のショーが行われます。カトリック両王の訪問を記念するこの行事は、名物料理を味わうのに絶好の機会です。8月の祭りの期間中は、広場が闘牛場になります。祭りでは、闘牛と、各種公演、前夜祭、牛追い、スポーツ、宗教行事などが行われます。

重要な主役の座にあるのがガストロノミー。クララ会修道院のレシピで作られる「テタス・デ・ノビシア(tetas de novicia)」や「ペロタス・デ・フライレ(pelas de fraile)」と呼ばれるスイーツ、強い風味で知られるニンニク、地元のブイヨン、そしてもちろんアニス酒。3月末または4月初頭に、アニス酒とワインの祭りが行われます。10月にはチャリティー闘牛大会が開かれ、その後でニンニク祭りが行われます。復活祭前の聖土曜日には240名以上の住民がキリストの受難劇に参加し、7月25日にはその年最初の牛追いが行われ、若牛の闘牛を経て、闘牛シーズンが始まります。

時計塔

「チンチョンには教会のない塔と、塔のない教会がある」という、よく知られた表現がありますが、その意味はまさに文字通り。時計塔(Torre del Relojは、かつて存在した最古の教会のうち唯一残っているものであり、その一方で、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会(Iglesia Nuestra Señora de la Asunciónには塔がありません。内部ではゴヤ作の『聖母被昇天(La Asunción de la Virgen)』が際立っています。今日、守護聖人の教会はロサリオ礼拝堂(Ermita del Rosarioになっていますが、スペイン内戦中には小聖堂が独房として使用されていました。

時計塔の隣にはロペ・デ・ベガ劇場(Teatro Lope de Vegaがあり、ルイス・ムリエ(Luis Murie)が手がけ、幕として使われている、町の風景を描いた作品が目を引きます。かつてのアウグスティノ会修道院は現在パラドールになっていますが、複数回にわたって再建されたチンチョン伯爵城(Castillo de los Condes de Chinchónは一般公開されていません。

アクセス方法

車:A-3とM-311で45~50分。

バス:コンデ・デ・カサルから45分(337番線)。 

関連リンク

  • ミゲル・デ・セルバンテスの出生地 かつコンプルテンセ大学創設の地でもあるアルカラ。スペイン語の歴史において重要な位置を占める街を訪れる。

    アルカラ・デ・エナレス
  • マドリードに近く、歴史的に王家と結び付きの強いアランフエスの街、宮殿・庭園を訪れる。

    アランフエス(Aranjuez)
  • スペイン黄金世紀の代表的な建築物を見学。フェリペ2世により考案された建築群。

    エル・エスコリアル修道院(El Monasterio de El Escorial)
  • マドリードにほど近いこの素晴らしい街は、ユダヤ教徒、イスラム教徒、キリスト教徒の歴史的共存の実例。

    トレド(Toledo)
  • 壮観な水道橋を眺め、世界遺産に登録された街の美食を堪能。

    セゴビア(Segovia)
  • ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の遺産を受け継ぐ中世都市の、壮観な城壁と大聖堂。

    アビラ(Ávila)
  • 学問の豊かな伝統と興味深い建造物が残る世界遺産登録都市。

    サラマンカ(Salamanca)
  • 「宙吊りの家(Casas Colgadas)」で有名な都市・景観は、マドリードから電車で1時間未満。

    クエンカ(Cuenca)
  • マドリード滞在の機会を利用して、かつてのアル・アンダルス(Al-Ándaluz:イスラム勢力統治下のイベリア半島一帯)の最重要都市と、壮観なメスキータ(イスラム教寺院)へ足を運ぶ。

    コルドバ(Córdoba)
  • 代表的な料理と菓子、タパス、地元産ワイン。マドリード料理とお勧めの店をご紹介。

    マドリードの美食
広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。

広告