ラスカフリア(Rascafría)

  • Rascafría
    rascafria.jpg
  • Rascafría
    rascafria.jpg

ラスカフリア(Rascafría)は、マドリード北約100キロ、グアダラマ山脈(Sierra de Guadarramaにある小さな村で、標高約1,100メートル。マドリード地方有数の素晴らしい自然に恵まれた美しいロソヤ渓谷(Valle del Lozoya)に位置しています。

この村で特に際立つ美しさと価値を備えているのは、何といっても、風光明媚な環境にある素晴らしいサンタ・マリア・デル・パウラル修道院(Monasterio de Santa María del Paularです。修道院の建設工事は14世紀末に始まりましたが、本格的な作業は、その1世紀後、カトリック両王に仕えた建築家フアン・グアス(Juan Guas)によって開始されました。教会のファサードは当時作られたフランボアイヤン式ゴシック様式の見事な一例で、回廊はムデハルゴシック様式です。

何世紀にも及ぶ歴史を重ねてきた修道院では、現在も修道士が生活しています(当初はカルトゥジオ会の修道院でしたが、今はベネディクト会の修道士が暮らしています)。修道士たちは今でも、リキュール、チーズ、ハチミツなどの地元特産品を生産し、販売しています。

近くにある美しいルドン橋(Puente del Perdónへも、ぜひ足を運んでください。橋から眺める修道院の姿は一層素晴らしいものです。ロス・バタネスの旧製紙場Antiguo Molino de papel de los Batanesなど周辺にあるいくつかの建物も、私たちを過去の時代へと運んでいきます。この製紙場では、世界文学史に残る傑作『ドン・キホーテ』の初版を印刷した紙が作られました。

そこから2キロほどの距離に、ラスカフリアの中心部が位置しています。有名なロス・トラスタマラス広場(Plaza de los Trastámarasがあり、その名称はイサベルとフェルナンドのカトリック両王の王家を連想させます。

村役場は20世紀初頭のネオムデハル様式の建物で、近くには15世紀建造の使徒サン・アンドレス教区教会(Parroquia de San Andrés Apóstolがあります。

歴史・芸術的遺産に加え、自然環境が毎週週末に大勢の人々を魅了しています。夏季には、ロソヤ川の一区間で、泳げるように管理・整備されているラス・プレシージャス(Las Presillasへ、多くの人々が涼を求めて出かけます。そして冬には、バルコトス(Valcotos)とバルデスキ(Valdesquí)のスキー場が賑わいを見せます。

祭り、文化、ガストロノミーを楽しみたい方にとっても、この村を訪れたくなる様々な魅力があります。毎年6月に開催される民俗音楽フェスティバルNatural Folkには大勢のファンが集まり、エル・パウラル修道院、使徒サン・アンドレス教会と野外劇場、ロス・バタネス・ユースホステル(Albergue Juvenil Los Batanes)の講堂、フェルナンド・ベンディート・コミュニティセンター(Centro Cívico Fernando Bendito)を舞台に、数々の文化アクティビティが行われます。

秋、10月と11月には、キノコ、ジビエ、ワインのフード・フェスティバルが実施され、グルメを楽しませます。風味豊かなキノコやジビエに加え、スペイン国内外で知名度が上昇しているマドリード産ワインの逸品を味わうこともできます。

 

アクセス方法

公共交通機関:カスティージャ広場(Plaza Castilla)からバス194番線または194A番線。スキー場へは、モンクロア(Moncloa)のターミナルから691番線。

車:A-1号線(国道1号線、マドリード-ブルゴス)をロソユエラ(Lozoyuela)とブイトラゴ・デル・ロソヤ(Buitrago del Lozoya)の間にある出口で降り、地方道路M-604号線に入ります。

 

関連リンク

 

  • ミゲル・デ・セルバンテスの出生地 かつコンプルテンセ大学創設の地でもあるアルカラ。スペイン語の歴史において重要な位置を占める街を訪れる。

    アルカラ・デ・エナレス(Alcalá de Henares)
  • マドリードに近く、歴史的に王家と結び付きの強いアランフエスの街、宮殿・庭園を訪れる。

    アランフエス(Aranjuez)
  • スペイン黄金世紀の代表的な建築物を見学。フェリペ2世により考案された建築群。

    エル・エスコリアル修道院(El Monasterio de El Escorial)
  • マドリードにほど近いこの素晴らしい街は、ユダヤ教徒、イスラム教徒、キリスト教徒の歴史的共存の実例。

    トレド(Toledo)
  • 壮観な水道橋を眺め、世界遺産に登録された街の美食を堪能。

    セゴビア(Segovia)
  • ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の遺産を受け継ぐ中世都市の、壮観な城壁と大聖堂。

    アビラ(Ávila)
  • 学問の豊かな伝統と興味深い建造物が残る世界遺産登録都市。

    サラマンカ(Salamanca)
  • 「宙吊りの家(Casas Colgadas)」で有名な都市・景観は、マドリードから電車で1時間未満。

    クエンカ(Cuenca)
  • マドリード滞在の機会を利用して、かつてのアル・アンダルス(Al-Ándaluz:イスラム勢力統治下のイベリア半島一帯)の最重要都市と、壮観なメスキータ(イスラム教寺院)へ足を運ぶ。

    コルドバ(Córdoba)
広告
  • マイプランで観光、ガイド付き観光、マドリード周辺地域へ小旅行。

    観光ルートと小旅行
広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。