ラ・グランハ・デ・サン・イルデフォンソ(La Granja de San Ildefonso)

  • La Granja de San Ildefonso
    la_granja_de_san_ildefonso.jpg

ラ・グランハ・デ・サン・イルデフォンソは、国家遺産の管理機関が管轄する王室関連施設「レアル・シティオ」。歴史的建造物群に指定されている町は、18世紀の君主制の栄華を示す好例であり、宮殿、王立ガラス工場、ベルサイユ風の素晴らしい庭園に当時の繁栄が顕著に表れています。

マドリードから約80キロ、セゴビアからわずか10キロに位置するこの町は、豊かな自然環境と重要な文化遺産に恵まれています。スペイン・ブルボン家の初代国王であるフェリペ5世は、退位後の質素な安らぎの場所として、ヒエロニムス会修道士所有の農園を入手しましたが、息子の死去に伴い王位に復帰することになり、宮廷全体を収容するべく宮殿を拡張しました。名高い建築家のアルデマンス(Ardemans)、プロカッチーニ(Procaccini)、ユヴァラ(Juvarra)が手がけた作品は、バロック様式特有の豪華さを誇っています。かつて宮殿の礼拝堂であった聖三位一体王立参事会教会(Real Colegiata de la Santísima Trinidadが宮殿に付随して存在しています。

ラ・グランハ・デ・サン・イルデフォンソ宮殿はベルサイユの素晴らしさを連想させますが、その理由は広間の装飾に限らず、噴水、彫刻、ルイ14世の建築家の弟子カルリエ(Carlier)が設計した庭園の重要性にもあります。森林と造園部分から成る146ヘクタール以上の土地、素晴らしい26の噴水、フランス風迷路、庭園の噴水に水を供給する巨大な池「エル・マール(El mar)」があります。

噴水が稼働しているのは3月末から10月中旬までですが、すべての噴水が稼働するのは3日間(5月30日、7月25日、8月25日)のみです。また、7月と8月の土曜日には「ディアナの浴槽(Los Baños de Diana)」噴水が夜間も稼働することがあります。

同地には「王立」の称号を冠する工場もあります。ラ・グランハ王立ガラス工場(Real Fábrica de Cristales de la Granja)は前の工場が火災に見舞われた後、1770年にカルロス3世によって再建されました。極めて洗練された容器ガラスが作られていたこの工場は、1972年まで操業。その10年後、国立ガラスセンター財団(Fundación Centro Nacional de Vidrio)となって今日に至ります。施設内では、2世紀前のガラス製造技術、ガラス吹きと成型の工程、機械設備などに加え、黄金時代と同じ技術を用いた現在のガラス製作作業も見ることができます。ガイド付きや劇化された見学も可能です。サン・フアン・ネポムセノ教会(Iglesia de San Juan Nepomuceno)や王子の館(Casa de Infantes)も一見の価値があります。 

そして、名物料理であるインゲン豆の煮込み(judionesを食べずに、ラ・グランハを後にするわけにはいきません。この土地の非常に特徴的な料理で、8月25日の祭りには盛大にインゲン豆の煮込み作りが行われます。

アクセス方法

車:高速道路A-6とAP-61で1時間15分。

バス:モンクロア・ターミナルから1時間15分。セゴビアのバスターミナルから45分間隔でラ・グランハ・デ・サン・イルデフォンソ行きバス運行。詳細情報

電車:セゴビア=ギオマル駅(12番線でバスターミナルと接続)までAVEで約25分、またはセゴビア駅まで地方線で約2時間半。いずれの場合も、セゴビアからラ・グランハまでバスに乗車する必要があります。

  • ミゲル・デ・セルバンテスの出生地 かつコンプルテンセ大学創設の地でもあるアルカラ。スペイン語の歴史において重要な位置を占める街を訪れる。

    アルカラ・デ・エナレス
  • マドリードに近く、歴史的に王家と結び付きの強いアランフエスの街、宮殿・庭園を訪れる。

    アランフエス(Aranjuez)
  • スペイン黄金世紀の代表的な建築物を見学。フェリペ2世により考案された建築群。

    エル・エスコリアル修道院(El Monasterio de El Escorial)
  • マドリードにほど近いこの素晴らしい街は、ユダヤ教徒、イスラム教徒、キリスト教徒の歴史的共存の実例。

    トレド(Toledo)
  • 壮観な水道橋を眺め、世界遺産に登録された街の美食を堪能。

    セゴビア(Segovia)
  • ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の遺産を受け継ぐ中世都市の、壮観な城壁と大聖堂。

    アビラ(Ávila)
  • 学問の豊かな伝統と興味深い建造物が残る世界遺産登録都市。

    サラマンカ(Salamanca)
  • 「宙吊りの家(Casas Colgadas)」で有名な都市・景観は、マドリードから電車で1時間未満。

    クエンカ(Cuenca)
  • マドリード滞在の機会を利用して、かつてのアル・アンダルス(Al-Ándaluz:イスラム勢力統治下のイベリア半島一帯)の最重要都市と、壮観なメスキータ(イスラム教寺院)へ足を運ぶ。

    コルドバ(Córdoba)
  • マイプランで観光、ガイド付き観光、マドリード周辺地域へ小旅行。

    観光ルートと小旅行
広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。