ナバルカルネロ(Navalcarnero)

  • Navalcarnero
    navalcarnero.jpg

マドリードから31キロ、首都の南西に、ビジャ・レアル・デ・ナバルカルネロ(Villa Real de Navalcarnero)があります。昔の魅力を残し、風味豊かな料理、芸術的財産、景色の美しさで訪れる人々を虜にする、500年以上の歴史を持つ町です。

セゴビア広場(Plaza de Segoviaと呼ばれる中央広場とヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会(iglesia de Nuestra Señora de la Asunción(16世紀)が、この土地の主な歴史的魅力を構成しています。広場はカスティージャ地方の伝統的な様式であり、不等辺な形の広場に、柱廊と木製のバルコニーがある3階建ての建物が並んでいます。広場にはかつての町役場(Casa Consistorialなどの建物があります。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会は16世紀に建立され、3つの廊がアーケードで分割されています。ムデハル様式の塔は、石のコーニスで分割された4つの部分で構成されています。最下部は高くて装飾がなく、2番目の部分には狭間に細い窓、3番目には交差するブランド・アーチの装飾、そして最上部に鐘があります。内部では、中央祭壇の飾り衝立と、フェリペ4世とマリアナ・デ・アウストリアの結婚式が行われた王室礼拝堂が際立っています。町の十字路であるプエルタ・デル・ソル(Puerta del Solにはフェリペ4世のモニュメントがあります。

礼拝堂と広場

ナバルカルネロには宗教建築が多数存在し、礼拝堂や十字架などが通りに見られます。大半が改築を経ていますが、その起源は17世紀に遡ります。特筆に値するのがサン・ロケ礼拝堂(Ermita de San Roqueであり、カルロス4世とフェルナンド7世の宮廷画家フアン・アントニオ・デ・リベラ(Juan Antonio de Ribera)の一族が所有していました。今日ではピロンヘリ(Pirrongelli)作のフレスコ画が礼拝堂を装飾しています。同じ広場にあるベラクルス礼拝堂(Ermita de la Veracruzにも興味深いフレスコ画があります。

その他、サン・ホセ広場(Plaza de San José)とアロンソ・デ・アレオ広場(Plaza de Alonso de Arreoも人で賑わう広場です。前者では同名の教会が見学でき、後者には地方特権をめぐる争いの際にナバルカルネロの援護に駆けつけた統治者の名前が付けられています。アロンソ・デ・アレオ広場にはワイン博物館(Museo del Vinoがあります。

祭りとガストロノミー

9月の初め、ナバルカルネロ(Navalcarnero)では、花火、夜の牛追い、黄金世紀の王立市場で、守護聖母のヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・コンセプシオンを崇めます。王立市場は週末に行われるイベントで、国王フェリペ4世と マリアナ・デ・アウストリアの結婚式を再現します。代表的な祭りは、5月中旬のサン・イシドロ祭です。

子羊の焼き肉や小物狩猟獲物(ウサギ、野ウサギ、ウズラ)の料理は、ヒヨコ豆産地のこの地域の名物です。ヒヨコ豆を用いて作る「刈り取り人夫の鍋(Olla del segador)」は、「マドリード風の煮込み(Cocido madrileño)」に似た料理です。

アクセス方法

車:A-5で35分。

バス:プリンシペ・ピオ・ターミナルから45分(528)。

関連リンク

  • ミゲル・デ・セルバンテスの出生地 かつコンプルテンセ大学創設の地でもあるアルカラ。スペイン語の歴史において重要な位置を占める街を訪れる。

    アルカラ・デ・エナレス
  • マドリードに近く、歴史的に王家と結び付きの強いアランフエスの街、宮殿・庭園を訪れる。

    アランフエス(Aranjuez)
  • スペイン黄金世紀の代表的な建築物を見学。フェリペ2世により考案された建築群。

    エル・エスコリアル修道院(El Monasterio de El Escorial)
  • マドリードにほど近いこの素晴らしい街は、ユダヤ教徒、イスラム教徒、キリスト教徒の歴史的共存の実例。

    トレド(Toledo)
  • 壮観な水道橋を眺め、世界遺産に登録された街の美食を堪能。

    セゴビア(Segovia)
  • ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の遺産を受け継ぐ中世都市の、壮観な城壁と大聖堂。

    アビラ(Ávila)
  • 学問の豊かな伝統と興味深い建造物が残る世界遺産登録都市。

    サラマンカ(Salamanca)
  • 「宙吊りの家(Casas Colgadas)」で有名な都市・景観は、マドリードから電車で1時間未満。

    クエンカ(Cuenca)
  • マドリード滞在の機会を利用して、かつてのアル・アンダルス(Al-Ándaluz:イスラム勢力統治下のイベリア半島一帯)の最重要都市と、壮観なメスキータ(イスラム教寺院)へ足を運ぶ。

    コルドバ(Córdoba)
  • 代表的な料理と菓子、タパス、地元産ワイン。マドリード料理とお勧めの店をご紹介。

    マドリードの美食
広告
広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。

広告