マドリードのアート・ギャラリー巡り

  • lafabrica1_1400082034.795.jpg
  • アートギャラリー
  • サラマンカ地区
  • ラス・サレサスからコンデ・ドゥケへ
  • ラス・レトラス地区とラバピエスの間

マドリードには世界有数の重要な美術館に加え、他にもアートを体験できる場所があります。それがアートギャラリー。アートギャラリー協会「アルテ・マドリード」(Arte Madrid Asociación de Galerías de Arteだけでも約50軒のギャラリーがあり、会員以外の何十軒ものギャラリーを加えると、その数はスペイン全土のギャラリー数の約50パーセントに及びます。あらゆる好みに対応する数多くのギャラリーが、市内各地に存在しています。

その原点となったのは上品なサラマンカ地区(Barrio de Salamancaの中心部。スペイン内戦後から民主主義への移行期にかけて、 貴族や大資本家階級の個人コレクションが外部に開放されたのです。民主主義と自由化によってギャラリーはカステジャーナ(Castellana)通りの西に広がりを見せましたが、それでもまだチャンベリ(Chamberíラス・サレサス(Las Salesasの気品ある雰囲気に包まれていました。最終的に、新しい領域の探求とソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofíaの魅力が、ラス・レトラス(Las Letras地区とドクトル・フォルケ(Doctor Fourquetでアートの導火線に火をつけることになります。ラバピエス(Lavapiés)の小さな通りであるドクトル・フォルケは、こうした動きが特に顕著で、今日では多くのギャラリーが軒を並べています。

マドリードのギャラリーの偉大なパイオニアであったGalería Biosca(1940)、Galería Juana Mordó(1964)、Galería Kreisler(1965)に続き、大勢の男女が芸術の後援と起業を兼ね、アートへの愛情でのみ理解し得る冒険に力を注いできました。

新しい傾向を重視するギャラリーや市場の探求心により、多くのアーティストが作品展示の機会に恵まれ、幸運な場合には、芸術で生計を立てることも可能となりました。スペイン現代アートの巨匠であるカノガル(Canogar)、チリーダ(Chillida)、ウルクロ(Úrculo)、ミジャレス(Millares)、サウラ(Saura)、タピエス(Tàpies)、バルセロ(Barcelóは、こうしたアートギャラリーでの取り扱いがなければ、今日無名であったかもしれません。

 

主要イベント

  • ARCO2月。スペインの大規模な現代アートイベントは毎年マドリード見本市会場(Feria de Madrid)で開催。
  • JUSTMAD2月。マドリードで開催される新興アートの代表的なイベント。
  • FLECHA2月。ARCO開催と同時に行われる「アートに向けた商業スペースの解放」(FLECHA)。名称の通り、無料で数多くの作品をショッピングモールに展示。
  • ARTEMADRID2月。より広範囲に及ぶ現実的なアートフェアのモデルを擁護。
  • ALMONEDA3月。半世紀の歴史を持つ品々。18世紀から60・70年代までの家具、アール・デコ、各種収集品、軍事関連の歴史的な品々、日常品など。
  • PHOTOESPAÑA春から夏まで開催。スペイン最大の写真アートイベント。
  • ESTAMPA9月。版画を対象としてスタートし、徐々に内容が拡大して、現在ではあらゆる現代アートの一大イベント。
  • APERTURA MADRID GALLERY WEEKEND9月。マドリードの展覧会シーズンの開幕イベント。何十軒ものギャラリーが最も注目する作品を揃え、マドリードのアートの1年をスタート。
  • FERIARTE11月。40年前から毎年開催されているアートとアンティークの大規模なイベント。考古遺物から宝石や家具まで、1世紀以上の歴史を持つ多数の作品。

地区から地区へと巡りながら、マドリードの象徴的な老舗ギャラリーと大胆でアバンギャルドなギャラリーを見つけてください。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。