サッカースペイン代表博物館(Museo de la Selección Española)


一時的に閉鎖


ラス・ロサス・サッカー・シティ(Ciudad del Fútbol de Las Rozas)内にあるサッカースペイン代表博物館。代表の歴史の中で最も重要な記憶がとどめられている特別な空間です。

入館後最初の展示は、初期のスペインサッカー代表に関するもので、トーナメントへの初参加となった1920年のアントワープ・オリンピックについて、大きく取り上げています。 

博物館では、1964年の欧州選手権優勝や1984年の欧州選手権準優勝など、最も印象的な出来事を中心に、「ラ・ロハ(La Roja:スペイン代表チームの愛称)」の歴史を振り返っています。

しかし、展示の最大の目玉は、何と言っても、UEFA EURO 2008(オーストリアとスイスで共催)、2010 FIFAワールドカップ(南アフリカで開催)、UEFA EURO 2012(ポーランドとウクライナで共催)の3大会連続優勝です。イニエスタ(Iniesta)、カシージャス(Casillas)、シャビ(Xavi)の活躍が際立ち、ルイス・アラゴネス(Luis Aragonés)、ビセンテ・デル・ボスケ(Vicente Del Bosque)の両監督の素晴らしい采配が築き上げたスペインサッカーの黄金時代です。

Geolocation
Servicios: 

エレベーター

ショップ

Share on

興味に関する情報

所在地

Calle
Ramón y Cajal, s/n
28232
Las Rozas
観光地: 
Cerca de Madrid
タイムテーブル: 

一時的に閉鎖

Tipo información turística: 
電話番号: 
(+34) 91 495 98 52
Eメールアドレス: 
museo@rfef.es
ウェブ: 
http://www.sefutbol.com/museo
近郊電車: 
Pinar de las Rozas
バス: 
--
入場料: 

大人:6 €、子供:4€