Fundación Mapfre. Sala Recoletos


入場者数の定員は60人に制限されています。マスクの着用と安全な対人距離の確保が義務付けられています。施設には水性アルコールジェルが設置されている他、特別な清掃措置がとられています。


19世紀後半の約30年から第二次世界大戦終結後までの様々な芸術家による造形芸術作品を展示。2008年にオープンしたこのホールは、建築家アグスティン・オルティス・デ・ビジャホスがメディナ・デ・ラス・トーレス女公爵のために1881年から1884年にかけて建設した建物内にあります。ホールの他、カタルーニャ出身の巨匠ジョアン・ミロの常設展示を行っているミロ・スペース(Espacio Miró)もあります。

当初は地上4階と半地下、という構造でしたが、1910年には建物本体の隅に2本の塔が建てられました。その後の数回にわたる改装や改築作業を経て、3つのスペースに分かれた現在の展示室の延べ床面積は、およそ1,000㎡に及びます。

マフレ財団では、19世紀末から第二次世界大戦後までの絵画、彫刻、イラストの展示活動を行っています。

Geolocation
Servicios: 

エレベーター

オーディオガイド

おむつ替えスペース

ロッカー / クローク

遺失物の問い合わせ

ガイド付き見学サービス

ショップ

Wi-Fi 無料

観光インフォメーションセンター

Physical Accesibility
Up

展示室へのアクセススロープがあります。展示室は、-1階、0階、1階の3フロアに分かれており、エレベーターでアクセス可能なルートが用意されています。エレベーターは広く、快適にフロア間を移動できます。

障害者向けの入口は幅1.80mの両開きで、あらゆる車椅子がアクセス可能です。

0階には障害者専用のバリアフリートイレがあり、障害者のための国際シンボルマーク(ISA)の表示があります。同階には快適に見学していただけるよう、貸し出し用車椅子があります。ご利用は入口のセキュリティスタッフにお申込みください。

Visual Accesibility
Up

無料の手話動画・オーディオガイドをご用意しています。

Hearing Accesibility
Up

無料の手話動画・オーディオガイドをご用意しています。

手話ガイド付き見学。

Share on

興味に関する情報

所在地

Paseo
de Recoletos, 23
28004
観光地: 
Paseo del Arte
タイムテーブル: 

月曜14:00-20:00 h

火曜~土曜11:00-20:00 h

日曜・祝日11:00-19:00 h

休館日:12月25日、1月1日・6日

12月24日・31日 1月5日:10:00~15:00

 

電話番号: 
(+34) 91 581 61 00
ウェブ: 
http://www.fundacionmapfre.org/
地下鉄: 
Banco de España (L2)
Colón (L4)
近郊電車: 
Madrid-Recoletos
バス: 
5, 14, 27, 37, 45, 53, 150, C03
入場料: 

一般入場券:3ユーロ

入場無料:月曜14:00 - 20:00 h

飲食物(水を含む)の持ち込みは禁止されています。また、展示作品を毀損する可能性のあるリュック、バッグ、大きな物品の持ち込みもできません。