ロペ・デ・ベガ邸宅博物館(Casa Museo Lope de Vega)

本人の名前を冠した通りではなく、セルバンテス通り(Calle de Cervantes)に立つロペ・デ・ベガ邸は、16世紀に建てられたものです。スペイン黄金世紀の文豪は1610年に住まいを購入し、1635年に亡くなるまで、そこで日々の生活を送りました。建物はロペ没後300年の1935年に重要建造物に指定され、博物館として開館しました。

ロペの死後19世紀まで、後の所有者たちが様々な改装を行ったため、かつての構造はほとんど残っていませんでした。1930年代初頭、スペイン王立言語アカデミーがこの家を入手すると、きめ細かな再建作業が行われ、著名な劇作家が住んでいた当時の間取りが復活しました。こうして、書斎、司祭に叙任される直前に用意した祈祷室、彼が「私の小さな果樹園(mi güertecillo)」と呼んだ裏の果樹園に至るまで、かつての家の姿が蘇ったのです。

博物館になった邸宅の部屋に現在置かれている家具や像の中には、実際にロペ・デ・ベガが所有していたものも含まれています。彼の娘が修道院に寄贈したものを、再びこの住まいに戻すことができたためです。邸宅には、ロペ・デ・ベガやその時代に関連のある美術作品、家具、調度品、書物が加わっています。

佇まいの再現は、ロペの存在を感じさせることを目的としており、いつも夏季に行われる演劇公演と同様に、黄金世紀の日常生活を彷彿とさせます。邸宅博物館の見学はガイド付き(スペイン語、英語、イタリア語, フランス語)で行われます。30分ごとにスタートし、所要時間は約35分。事前予約が必要です。

Geolocation
Servicios: 

ロッカー / クローク

ガイド付き見学サービス

ショップ

Share on

興味に関する情報

所在地

Calle
de Cervantes, 11
28014
観光地: 
Barrio de las Letras
タイムテーブル: 

火曜~日曜:10:00~18:00

休館日:月曜、祝日

休館日:月曜、1月1日・6日、5月1日、11月9日、12月24・25・31日

Tipo información turística: 
電話番号: 
(+34) 91 429 92 16
Eメールアドレス: 
casamuseolopedevega@madrid.org
ウェブ: 
http://casamuseolopedevega.org/es/
地下鉄: 
Antón Martín (L1)
近郊電車: 
Madrid-Sol
バス: 
001, 002, 6, 10, 14, 26, 27, 32, 34, 37, 45, C03, M1, SE712
入場料: 

入館料無料。要事前予約。