Botín

1725年にフランス人シェフのジャン・ボティンの妻の甥であったカンディド・レミスが創業(ジャン・ボティンの店もかつてマヨール広場近くに存在)。ギネスブックが世界最古のレストランとして認定。Botínの長い歴史はガルドス(『フォルトゥナとハシンタ』、『ミセリコルディア』)、ヘミングウェイ(『日はまた昇る』)、グレアム・グリーン(『キホーテ神父』)、ゴメス・デ・ラ・セルナ(彼が創出したグレゲリア形式の文章)や、現代のマリア・ドゥエニャス(『情熱のシーラ』)などの作家の作品に映し出されています。

4つのフロアがあるレストランには当初の宿屋の雰囲気が残っており、クチジェロス通りで今も子豚やカスティージャ風子羊が料理されている薪ストーブは、1725年の創業当時と同じものです。

現在Botínは創業家から店を受け継いだゴンサレス家の4代目が経営しています(Botínは著名雑誌『フォーブス』で世界の老舗レストランリストの第3位にランクイン)。

Geolocation
Servicios: 

オンライン予約

諸言語のメニュー

老舗

Servicios complementarios: 

クレジットカード可

セレクトワインリスト

グループ会食

Diners Club

テーブルの予約

Share on

興味に関する情報

所在地

Calle
de Cuchilleros, 17
28005
観光地: 
Austrias
タイムテーブル: 

月曜~日曜:13:00~16:00、20:00~24:00

電話番号: 
(+34) 91 366 42 17
ウェブ: 
http://www.botin.es
Eメールアドレス: 
aegonzalez@botin.es
地下鉄: 
La Latina (L5)
Tirso de Molina (L1)
近郊電車: 
Madrid-Sol
Tipo cocina: 
Castellano-Leonesa
Madrileña
Tradicional
バス: 
002, 3, 17, 18, 23, 31, 35, 50, 65, M1, N26