2017年イベントカレンダー

  • Piedad y terror en Picasso. El camino a Guernica
    piedad_y_terror_en_picasso_baja.jpg
  • 特別展
  • 音楽
  • 演劇・舞踊
  • スポーツ
  • Carlos III y el Madrid de las Luces(カルロス3世と光のマドリード):歴史博物館(Museo de Historia) ~4月29日:首都の改造と近代化に国王が果たした重要な役割。
  • Houdini. Las leyes del asombro(フーディーニ、驚きの法則):テレフォニカ財団(Espacio Fundación Telefónica) 2月10日~5月28日:著名な奇術師の姿を通して、近代奇術の歴史とその変遷をたどる展覧会。
  • Bacon. La cuestión del dibujo(ベーコン、素描の問題):芸術センター「シルクロ・デ・ベジャス・アルテス」(Círculo de Bellas Artes) 2月13日~5月21日:コレクション所有者のクリスティアノ・ロバテリ・ラバリノ(Cristiano Lovatelli Ravarino)が1977年から1992年にかけてフランシス・ベーコン(Francis Bacon)から贈り物として受け取った素描、パステル画、コラージュ。
  • Bruce Conner. Es todo cierto(ブルース・コナー、全くの真実):ソフィア王妃美術館(Museo Reina Sofía) 2月22日~5月22日:20世紀後半のアメリカ人芸術家の中で卓越した存在であったコナーのスペイン初の回顧展。
  • Rafael Moneo. Una reflexión teórica desde la profesión. Materiales de archivo 1961-2013(ラファエル・モネオ、職業からの理論的考察、19612013 記録資料):ティッセン=ボルネミッサ美術館 3月21日~6月11日:スペイン人建築家モネオに関する初めての大規模な回顧展。
  • Visiones del mundo hispánico. Tesoros de la Hispanic Society, Museo y Biblioteca(ヒスパニック世界のビジョン、ヒスパニックソサエティ・美術館・図書館の至宝):プラド美術館 4月4日~9月10日:ヒスパニック・ソサエティ・オブ・アメリカ所蔵の名作を展示。
  • Sonia Delaunay-Terk. Arte, diseño y moda(ソニア・ドローネー・ターク、アート・デザイン・ファッション):ティッセン=ボルネミッサ美術館 7月4日~10月15日:パリ最初の前衛芸術のキーパーソンであったドローネー初の単独展覧会。
  • Picasso / Lautrec(ピカソ/ロートレック):ティッセン=ボルネミッサ美術館 10月17日~1月21日: マラガ出身のピカソの初期の作品とフランス人画家ロートレックの作品の関係を分析。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

シベレス宮殿の展望台から街の素晴らしいパノラマを満喫。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

アートファンのためのアプリ。

広告