マラサーニャ(Malasaña)「オルタナティブとレトロ」

  • comprasMalasana_1406549022.803.jpg

パブ、カフェ、タベルナ(居酒屋レストラン)が多く、週末のナイトライフで知られるマラサーニャは、レトロスタイルやヤングファッションのショップ、古書や古本を扱う書店が立ち並ぶショッピング・エリアでもあります。

このショッピング・エリアの名前は、1808年5月2日に起きたフランス軍への民衆蜂起の際に犠牲者となったヒロイン、マヌエラ・マラサーニャ(Manuela Malasañaにちなんでつけられたもので、この地区には彼女の名前を冠した通りがあります。マドリードとスペインにとって重要なこの史実を今に伝えるドス・デ・マジョ(スペイン語で「52日」)広場は人気スポット、マラサーニャ地区の中心的な場所であると言えましょう。

通りには、ビールを飲みながらタパスやピンチョスをつまんだり、夕食をとったりできる店が数多く並んでいます。夏場は屋外のテラス(特にドス・デ・マジョ広場のテラス)が賑わいを見せます。

 

ビンテージ礼賛

マラサーニャには、オルタナティブ・ファッションの若者にとって特に魅力的なショップが多数揃っています。この地区には、El Templo de SusuLa Cierva VintagePoplandをはじめとする、60~80年代の新品または古着など、あらゆるアイテムを扱うレトロスタイルの店が並び、0歳から6歳の子供向けのブティックMon petit retroなどもあります。
 

「モビーダ(Movida)」の名残

マラサーニャは、80年代にマドリードに生じた有名な文化・社会ムーブメント、「モビーダ」の中心地でした。当時の作家、ミュージシャン、アーティスト全般が主人公となったこの様式革命は、伝説の時代を思わせる革のジャンパーが多くの店で並ぶこの地区で、今も続いています。
 

老舗と流行のショップ

マラサーニャにあるのは、過去へのノスタルジーだけではありません。ティーショップやグラフィックデザイン・スタジオなど、現在のトレンドを感じさせる店舗があるほか、新しい店も次々とオープンしています。100年以上の歴史がある老舗としては、職人が作るアルパルガータ(スペインで暑い季節によく使われる履物)が店内を埋めつくすAntigua Casa Crespoや、弦楽器職人フェルナンド・ソラール(Fernando Solarの工房などが挙げられます。 
 

青空市と本屋

マラサーニャ地区には、古書や古本を扱う本屋がたくさんあります。毎週土曜日には、ドス・デ・マジョ広場にコレクション品やアンティークの市が立つほか、2011年以降は、マラサーニャ地区の商業組合が振興するドスデ・マーケット(DOSDE Market)が開かれ、若手デザイナーの作品が店頭に並びます。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告