ラス・サレサス(Las Salesas)でおしゃれにショッピング

  • COMPRAS_Salesas_ThisWeek_1406707699.609.jpg

今日のラス・サレサス地区は、街で繰り広げられるインディペンデント・ファションの舞台そのもので、デザインが圧倒的な存在感を示しています。しかし、この地区の魅力はファッションだけにとどまりません。AV機器店、グルメ・デリカテッセンショップ、書店、昔ながらの食料品店でのお買物も楽しめます。

シンボル的な素晴らしい二大建築、現在スペイン著作権協会(Sociedad General de Autores y Editores)が置かれているロンゴリア邸Palacio de Longoriaと、かつて修道院であったラス・サレサス・レアレス教会(Iglesia de Las Salesas Realesを有するこのショッピングエリアは、何本もの通りで構成される巨大なショッピング・モールとなっています。コンデ・デ・シケナ(Conde de Xiquenaアルヘンソラ(Argensolaアルミランテ(Almiranteバルバラ・デ・ブラガンサ(Bárbara de Braganza)、フェルナンド6世(Fernando VIプリム(Primピアモンテ(Piamonteバルキージョ(Barquilloの各通りとその周辺の通りは、年中いつでもあらゆるショッピングが楽しめる魅力的で心地良い空間です。

ラス・サレサスのショッピングエリアは、複数ブランドを扱う店舗スペイン内外のブランドショップ(Yube、Nicethings、Nacなど)とアーバンスタイルのブティック(Baccana、Elsa、Monoplazaなど)で知られています。デザインが最大の特徴となり、スポーティやカジュアルなスタイルから、エレガントやシックなスタイルまで、あらゆる機会にふさわしいアイテムが見つかります。

アクセサリーやシューズの品揃えも充実しているラス・サレサスでは、シューズ選びから始めてみるのはいかがでしょう。Aiméeのデザインや、アルパルガータ(エスパドリーユ)を国際的なファッション界に導入したスペインブランドCastañerの支店を出発点とするのもよいでしょう。

この地区の魅力はファッションだけでなく、文化分野にも及んでいます。老舗のAntonio Machadoをはじめとする書店、バルキージョ通りのAntonio de SuñerギャラリーやOliva Araunaギャラリーなど、数多くのアートスペースがあります。また、Margarita se llama mi amorなどのフラワーショップでは、華麗にアレンジされた花々が人々を魅了します。

 

デリカテッセン

フェルナンド6世通りサンタ・バルバラ広場の間に位置するこの大規模なショッピングエリアの主役は、極上のグルメフード。オリーブオイル、ワイン、チーズ、チョコレート、Cosmen & Keilessのパンなどが、通りを行く人々の視線を集めます。Deli Shopのような店舗では、日本からギリシャや中近東を経て南アメリカに至るまで、世界中の食品が揃っています。

フェルナンド6世通りの終わりに、新しいバルセロ市場(Mercado de Barcelóがあり、このエリア有数の魅力的なグルメスポットとなっています。

 

創作料理

ショッピング中の休憩には、少しボヘミアン調のリラックスした雰囲気が漂う個性的なカフェへどうぞ。ラス・サレサス地区の商業が持つ独特の創造性は、ガストロノミーにおいても感じられ、多くのレストランで、様々な国の味と地元の食文化を融合させた料理が楽しめます。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告