最先端を行くチュエカ(Chueca)とフエンカラル(Fuencarral)

  • comprasFuencarral_1405326889.934.jpg

市の中心部に位置するこのショッピングエリアを一言で形容するなら、それは「前衛」でしょう。この地区には、新しくモダンなファッションブランドと注目の新人デザイナーが集まっているほか、凝ったデザインのレストランや、タトゥースタジオ、コミックショップ、アート関連書店、インテリアショップといった店舗も軒を並べています。

チュエカ広場(Plaza de Chuecaフエンカラル通り(Calle Fuencarralオルタレサ通り(Calle Hortalezaの間には、落ち着いた雰囲気の小道が何本も伸びていますが、その商業活動は訪れる人々を驚かせるものです。ゲイの雰囲気の中心地であるこの地区は、あらゆるタイプの提案に開かれており、マドリード市民であるなしに関わらず、最も訪れる人が多いエリアの一つになっています。
 

オルタナティブ・ファッション

マドリードのこのショッピングエリアの特徴は、多種多様なファッションブランドが集まっていることで、AdidasPumaFoot LockerQuikSilverといったスポーツブランドや、Levi’sDieselCalvin KleinGasPepe Jeansなど決して流行遅れにならない「ジーンズ」の有名ブランドの大半が揃っています。

こうしたカジュアルファッションの有名ブランドに加え、都市のサブカルチャーグループを対象としたアイテムを扱っている店舗もあります。ヒッピー、ゴシック、グランジといったスタイルを好む人々が参考にするのは、タトゥーやピアシングを行う店舗もあるギャラリー、建物全体がアートにあふれるフエンカラル市場(Mercado de Fuencarralです。

より大胆なLGTB(レズビアン、ゲイ、トランスジェンダー、バイセクシュアル)の方へのお勧めは、なんと言ってもオルタレサ通りでしょう。多くの店のショーウインドーに、タイトフィットな衣類が並ぶほか、ジム、セックスショップ、専門書店もあります。
 

小規模店舗

規模の小さな店舗もこの地区の中心的な存在です。手作りのオリジナル製品やアクセサリーなどを扱う小さな店、デザイナーが手がけた製品を販売するジュエリーショップや銀細工店から、伝統的な食料品店、リング状のケーキ「ロスコン・デ・レジェス(Roscón de Reyes)」でよく知られるHorno de San Onofre をはじめとする有名なケーキ店まで、店の種類はバラエティに富んでいます。

このエリアのその他の特徴は、数多くの見本用シューズショップが、アウグスト・フィゲロア通り(Calle Augusto Figueroa)界隈に集中しているという点です。シーズンオフのシューズが魅力的な価格で見つかる可能性があります。
 

コーヒー・タイム

通りの角を曲がるたびに現れる感じの良い洒落たカフェには、足を止めずにはいられません。モダンでヤングな雰囲気、伝統的、オルタナティブ、古典的…。あらゆる客層、好みに合ったカフェが揃っています。朝食や軽食をとったり、読書や友達とのお喋りを楽しみながらコーヒーを味わったり。
マドリード有数の活気あるショッピングエリアを巡った後、こうしたカフェで休息をとるのは、完璧なプランと言えましょう。しっかりと食事をとりたい方には、イタリア、インド、アラブ、マドリード料理など様々なレストランのほか、テイクアウトの店も多数あります。

必見ガイド

初めてのマドリードでぜひ訪れたい観光名所10カ所!

マドリードでの移動に欠かせない観光情報を閲覧・ダウンロード。

広告

公認観光ツール

熟練の専門ガイドといっしょにマドリードを訪れてみませんか。

バスに乗って、マドリードの街の全景をご覧に入れましょう。

50施設以上もの博物館への入場ができ、数多くの割引が受けられます。

広告